ハンディのちから アフィリエイトパソコンの無線LAN設定では、パソコンの「ネットワークに接続」で親機のSSIDを選び、暗号キーを入力して接続する手動設定と親機とパソコンなどの子機のボタンを押すだけで接続できるAOSSやWPSなどの自動設定に関する情報を提供
ハンディのちからパソコンお家でも外出先でもインターネット>パソコンの無線LAN設定

パソコンの無線LAN設定

ハンディのちから」の「パソコンの無線LAN設定」では、パソコンの「ネットワークに接続」で親機のSSIDを選び、暗号キーを入力して接続する手動設定と親機とパソコンなどの子機のボタンを押すだけで接続できるAOSSやWPSなどの自動設定に関する情報をご提供しています。

パソコンの無線LAN設定の2つの方法

親機(無線LANルーター)とパソコンとの接続方法は、手動と自動の2つあります。
手動設定は、パソコンの「ネットワークに接続」で親機(無線LANルーター)の名前(SSID)を選び、暗号キー(パスワード)を入力して接続します。
手動設定の長所・短所はつぎのとおりです。

自動設定は、親機(無線LANルーター)とパソコンなどの子機のボタンを押すだけで接続できます。AOSSやWPSなどの方法があります。
自動設定の長所・短所はつぎのとおりです。

パソコンの無線LAN手動設定

手動設定でパソコンを親機(無線LANルーター)に接続する手順はつぎのとおりです。

  1. パソコンのWiFiのオン/オフを確認。
  2. 親機のSSIDと暗号キーを確認
  3. パソコンでSSIDを選び、暗号キーを入力して確認

パソコンのWiFiのオン/オフを確認

パソコンに無線LANスイッチがついている場合、キーボードの上方や本体の前面、側面にスイッチがあるパターンが多いです。パソコンにワイヤレスランプがある場合は、「ON」にしたあと、ランプが点灯することをご確認します。
また最近の機種は、キーボードの上部にいくつかのショートボタンがあり、その中のひとつに無線LANスイッチがついている場合もあります。

親機のSSIDと暗号キーを確認

親機のシールSSID暗号キー親機(無線LANルーター)の取扱説明書や本体背面などに貼られたシールなどに、出荷時のSSIDや暗号キーが書かれていますので、それを確認します。2.4GHz帯と5.0GHz帯の両方に対応する親機(無線LANルーター)親機は、それぞれ別々のSSIDが用意されています。


パソコンでSSIDを選び、暗号キーを入力して確認

Windowsパソコンの場合、Windowsの標準機能を使用して、親機(無線LANルーター)に接続できます。

Windows7では、タスクトレイのワイヤレスネットワーク接続のアイコンをクリックすると、電波が届いている親機(無線LANルーター)のSSIDが一覧表示されます。
ここで、目的のSSIDを選択して、「接続」ボタンをクリックします。
すると、暗号キーを入力する画面が現れるので、暗号キーを入力します。

SSID一覧
暗号キー入力

ネットワークの場所の指定続いてネットワークの利用場所を選択します。家の中なら「ホームネットワーク」、公衆無線LANなら「パブリックのネットワーク」を選びます。



AOSS(AirStation One-Touch Secure System)

AOSSはバッファローが開発した、無線LANの設定が自動で行えるシステムです。 親機(無線LANルーター)と子機のボタンを押すだけで、ワンタッチで無線接続と セキュリティ設定(暗号化キーWPA/WEPの設定)が完了します。

バッファローの無線子機のほか、無線LAN内蔵のパソコンもバッファローのクライアントマネージャをインストールすれば AOSSでの接続が可能になります。
また、ニンテンドーDS、DS Lite、DSi、Wii、PSPなどのゲーム機や、 一部の家電製品・携帯電話などもAOSS機能を搭載しています。

バッファローのクライアントマネージャはバッファローのエアステーションシリーズの全て添付されていますので、購入後すぐに利用できます。 または無償でダウンロードして使用できます。

現在のバッファローのクライアントマネージャのバージョンは、クライアントマネージャ3(Windows 98SE/Me/2000/XP)及びクライアントマネージャV Ver.1.4.9(Windows Vista/7/8)です。

WPS(Wi-Fi Protected Setup)

簡単に設定する機能は従来から各メーカーが提供してきたが、メーカー独自の方式のため他メーカーの製品では使えないなどの問題がありました。しかし、WPSが登場したことにより各社は製品のWPS対応を進めており、WPS対応機器ならメーカーの区別無く使えるようになってきています。

WPSでは、無線LANアクセスポイントや無線LANルータが親機となり、パソコンやゲーム機など接続したい子機にSSIDなどの設定などの情報を送ります。それぞれの機器にある専用のボタンを押すプッシュボタン方式のほかに、具体的な方法はいくつか用意されております。

プッシュ・ボタン方式では、親機(無線LANルーター)と子機のそれぞれに搭載した専用ボタンを押せば、ESSID(extended service set identifier)とWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)のセキュリティ設定が完了します。子機がゲーム機やプリンタのようにキーボードを装備しない機器にプッシュ・ボタン方式は向いています。

AOSSではパソコン側にバッファローのクライアントマネージャをインストールする必要がありますが、WPSは業界標準規格なので、WindowsやAndroidに標準搭載されています。そのため、無線の設定のためにソフトウェアをインストールする必要がありません。

トップへ戻る

最終更新日:2013年04月30日

お家でも外出先でもインターネット
インターネットの利用状況
インターネットの接続方法

目指そうWiFiハウス
モバイルルーター・屋内編
出先ネット
テザリング・出先ネット
モバイルルーター・出先ネット
公衆無線LANサービス・出先ネット
無線LAN規格
パソコンの無線LAN設定
親機(無線LANルーター)選び

無線LANルーター比較
WHR-300
WZR-300HP
WZR-450HP
WZR-600DHP2
WZR-900DHP
LAN-HGW450/S
LAN-W300N/P
LAN-W301NR
LAN-W451NGR
WR8370N
WR8750N
WR9300N
WR9500N

ADSLインターネット
光ファイバーインターネット
CATVLインターネット
携帯電話回線インターネット
PHS回線インターネット
モバイルWiMAX
公衆無線LAN