ハンディのちから アフィリエイトHDDのメンテナンスでは、不要なファイルやソフトを削除・ドキュメント等のデータ保存先をDドライブに変更・復元ポイントの調整・最適なパーティション作成・デフラグなどでハードディスクドライブのメンテナンスを行う方法を紹介
ハンディのちからパソコンストレージ(記憶装置)>HDDのメンテナンス

HDDのメンテナンス

ハンディのちから」の「HDDのメンテナンス」では、不要なファイルやソフトウェアを削除・ドキュメントなどのデータの保存先をDドライブに変更・復元ポイントの調整・最適なパーティション作成・デフラグなどでハードディスクドライブ(HDD)のメンテナンスを行う方法をご紹介しています。

ハードディスクドライブ(HDD)のメンテナンス

「ハンディのちから」のユーザーのみなさん、ハードディスクドライブ(HDD)のメンテナンスを行っていますか?

購入した当時は十分な容量のハードディスクドライブ(HDD)も、パソコンを使い込んで行くうちに、不要なファイルが溜まりファイルが断片化して、Cドライブの空き容量が少なくなって行きます。Cドライブの空き容量が少なくなると、ファイルを保存できないだけでなく、動作が遅くなったり最悪の場合にはパソコンが起動しなくなります。ウインドウズ(Windows)は、Cドライブの一部を作業領域(仮想メモリー)として使い動作しますので、Cドライブの空き容量が少なくなると正しく動作しないことがあります。
因にWindows 8/Windows 7/Windows Vista/Windows XPを快適に動作させるためのCドライブの空き容量はつぎのとおりです。

ハードディスクドライブ(HDD)のメンテナンス方法

つぎの方法でハードディスクドライブ(HDD)のメンテナンスを行い、Cドライブの空き容量を徹底的に確保しましょう。

不要なファイルやソフトウェアを削除

不要ファイルを整理して、Cドライブの空き容量を復元します。

長く使っている間に溜まってしまうファイルにはつぎのようなものがありますので削除します。

管理人も不要になったソフトを削除する場合、Windows OS標準の機能である「プログラムの追加と削除」で削除(アンイストール)を使っていました。しかし、Windows OS標準の機能で削除(アンイストール)すると、一部のレジストリーやフォルダーなどが残ってしまうことに気づきました。
そこで、今は専用ソフトウェア「アドバンスト・アンインストーラー・プロ(Advanced Unonstaller PRO:http:www.advanceduninstaller.com/)」を使っています。

「アドバンスト・アンインストーラー・プロ」のインストール使い方を解説しています。

重複ファイルを見つけて削除

フリーソフトウェアの「デュプファイルエリミネーター(DupFileEliminator)」は対象となるドライブやフォルダーを指定するだけで重複ファイルをきれいに削除できます。「デュプファイルエリミネーター(DupFileEliminator)」の重複ファイルの削除と類似画像の削除方法をご紹介しています。

デジタルカメラの連写機能を使ったり、露出などの撮影条件変えて同じシーンを何枚も撮影したりしている、パソコンユーザーには嬉しい機能です。本当に必要な画像以外は削除すると、ハードディスクを軽くできます。

「デュプファイルエリミネーター(DupFileEliminator)」のインストール使い方を解説しています。

マイドキュメントなどのデータの保存先を「Dドライブ」に変更

Cドライブの空き容量は少なくなっているのに、Dドライブはほとんど使われていない、アンバランスの状態のパソコンユーザーには、Dドライブ活用をすすめします。この状態では、OSやアプリケーションソフトウェア、ドキュメント・メール・ピクチャ・ビデオ・ミュージックなどのデータがすべてCドライブに保存されています。

上記のようなドライブの使い方をされている、CドライブとDドライブがほぼ同じサイズのパソコンやCドライブが小さくとDドライブが大きいサイズのパソコンには、 Dドライブ活用がCドライブの空き容量対策には有効です。

CドライブをOSやアプリケーションソフトウェアの保存用、Dドライブをドキュメント・メール・ピクチャ・ビデオ・ミュージックなどのデータの保存用として使い分ける方法が、Dドライブの活用です。

復元ポイントの調整で、Cドライブの空き容量を増やす

ウインドウズでは、パソコンに不具合が発生したときにパソコンのシステムを元に戻せるように、自動的に復元ポイントを保存しています。これには、約数GBの容量が充てられ、その容量に達するまで復元ポイントが保存されます。

復元ポイントの調整で、Cドライブの空き容量を増やす方法は2つあります。

CドライブとDドライブ環境に最適なパーティションを作る

初心者のパソコンのハードディスク(HDD)を見てみると、Cドライブの空き容量は少なくなっているのに、Dドライブはほとんど使われていない、アンバランスの状態に出くわします。

そんなアンバランスの状態を解決する方法は2つあります。

実際にパーティション変更を行う前にはつぎの事前準備を必ず行います。

「ハンディのちから」では、パーティション操作の定番フリーソフトウェアである、「イーザス・パーティション・マスター(EASEUS Partition Master:http://www.partition-tool.com)」を使って行います。

デフラグでハードディスクドライブを整理

不要なファイルを削除してCドライブの空き容量を増やしたら、最後に、パソコンの起動や動作が速くなるデフラグを実行してハードディスク(HDD)内のデータを並べ替える方法をご紹介しています。

ハードディスク(HDD)はクラスターという単位に分割されています。クラスターの容量は小さいので、一つのファイルはあちらこちらに分割して保存されます。デフラグを実行して同じファイルのデータが繋がるように並べ替えると、読み書きのためにヘッドを頻繁に動かす必要がなくなるので起動や動作が速くなります。

デフラグはウインドウズの標準機能でも実行できますが、ウインドウズの標準機能よりもはるかに高機能のフリーソフトウェアである「スマートデフラグ(Smart Defrag 2)」をご紹介します。

最終更新日:2013年01月26日

トップに戻る

パソコン
パソコンCPUモデル
パソコンCPU動作周波数
パソコン記憶装置
パソコン標準メモリー
パソコンディスプレイ
パソコン価格
パソコン値下り率
パソコンシステム
矢印CPU
ストレージ(記憶装置)
モニタ
パソコン購入
iPhoneをPCにバックアップ
パソコンに対する不安ごと

6ジャンルからパソコンを選ぶ
タッチ対応デスクトップ
タッチ非対応デスクトップ
タッチ対応ノートパソコン
タッチ非対応ノートパソコン
タブレット変形ノート
タブレットCore i5搭載
タブレット10型液晶
タブレット8型液晶

タブレット変身ノートパソコン
仕掛け(ギミック)
CPU
補助記憶装置
液晶モニタ
携帯性
価格
小型ビューア

メンテナンス・HDD
Dドライブの活用・HDD
デフラグ・HDD
Windowsのデフラグ機能・HDD
デュプファイルエリミネーターのインストール
デュプファイルエリミネーターの使い方
パーティション・HDD
パーティション操作の定番フリーソフト
システムの復元容量の削減・HDD
システムの復元ポイントの削除・HDD
Advanced Uninstaller PROインストール
Advanced Uninstaller PRO使い方

Microsoft Officeを使う
Webクエリーで日経平均管理
Webクエリーで日経平均更新
Webクエリーで日経平均グラフ化

ワードでカレンダー
カレンダーテンプレート
ダウンロードファイル
テンプレートの使い方
Word2007で基本カレンダーを作る
カレンダーの用紙サイズ
カレンダーの拡大縮小
ワードの表の操作
ワードのテキストボックス
ワードの描画キャンパス
和風月と二十四節気・雑節

データー移行
ブックマーク共有(Mac→Win)
矢印テレビ視聴録画向きパソコン

矢印You Tubeで音楽を楽しむ
矢印You Tubeで動画を見る
矢印You Tubeに会員登録
矢印You Tubeの動画再生リスト


矢印デスクトップパソコン
矢印ノートパソコン
矢印マックパソコン
矢印デスクトップパソコン選び
矢印ノートパソコン選び
矢印デスクトップパソコン比較
矢印ノートパソコン比較
矢印マックパソコン比較