ハンディのちから アフィリエイトiPhoneをPCにバックアップでは、iPhone 6S PLUS・iPad Air2・i Macを使いこなす管理人がアップルのクラウドサービス「アイクラウド」にバックアップとアイチューンズでパソコンに残す2つのiPhoneやiPadデータをPC(iMac)にバックアップする情報を提供
ハンディのちから>パソコン>iPhoneをPCにバックアップ

パソコン
パソコンCPUモデル
パソコンCPU動作周波数
パソコン記憶装置
パソコン標準メモリー
パソコンディスプレイ
パソコン価格
パソコン値下り率
パソコンシステム
矢印CPU
ストレージ(記憶装置)
モニタ
パソコン購入
iPhoneをPCにバックアップ
パソコンに対する不安ごと

6ジャンルからパソコンを選ぶ
タッチ対応デスクトップ
タッチ非対応デスクトップ
タッチ対応ノートパソコン
タッチ非対応ノートパソコン
タブレット変形ノート
タブレットCore i5搭載
タブレット10型液晶
タブレット8型液晶

タブレット変身ノートパソコン
仕掛け(ギミック)
CPU
補助記憶装置
液晶モニタ
携帯性
価格
小型ビューア

メンテナンス・HDD
Dドライブの活用・HDD
デフラグ・HDD
Windowsのデフラグ機能・HDD
デュプファイルエリミネーターのインストール
デュプファイルエリミネーターの使い方
パーティション・HDD
パーティション操作の定番フリーソフト
システムの復元容量の削減・HDD
システムの復元ポイントの削除・HDD
Advanced Uninstaller PROインストール
Advanced Uninstaller PRO使い方

Microsoft Officeを使う
Webクエリーで日経平均管理
Webクエリーで日経平均更新
Webクエリーで日経平均グラフ化

ワードでカレンダー
カレンダーテンプレート
ダウンロードファイル
テンプレートの使い方
Word2007で基本カレンダーを作る
カレンダーの用紙サイズ
カレンダーの拡大縮小
ワードの表の操作
ワードのテキストボックス
ワードの描画キャンパス
和風月と二十四節気・雑節

データー移行
ブックマーク共有(Mac→Win)
矢印テレビ視聴録画向きパソコン

矢印You Tubeで音楽を楽しむ
矢印You Tubeで動画を見る
矢印You Tubeに会員登録
矢印You Tubeの動画再生リスト


矢印デスクトップパソコン
矢印ノートパソコン
矢印マックパソコン
矢印デスクトップパソコン選び
矢印ノートパソコン選び
矢印デスクトップパソコン比較
矢印ノートパソコン比較
矢印マックパソコン比較

iPhoneをPCにバックアップ

ハンディのちから」では、iPhone・iPadデーターをPCにバックップする方法を解説しています。iPhone・iPadデーターをPCにバックップしておくと、iPhoneやiPadを買い換えたときも、新しい端末に移行しやすい。

管理人は、iPhone 6S PLUS・iPad Air2・i Macを状況に応じて使いこなしています。また、データーの破損や流出の不安を気にして、ガラ系携帯電話からスマートフォンに切り替えを躊躇っているユーザーもいらっしゃいます。

バックアップの方法は2つ

iPhone・iPadデーターをPCにバックップする方法は2つあります。

アップルのクラウドサービス「アイクラウド」にバックアップする

iPhoneやiPadのバックアップ機能を利用するには、ホーム画面の「設定」から、「iCloud」を開き、アップルIDとパスワードでサインインします。

iCloudにサインインすると、右図のように、同期対象や「バックアップ」などの項目が現れます。



「写真」の場合、「iCloudフォトライブラリー」を有効(オン)にします。



これらの項目にないiPhoneやiPadの設定などは、バックアップから保存します。

アイチューンズでパソコンに残す

「iTunes」をダウンロードし、パソコンにインストールします。完了したら、iPhoneやiPadとパソコンをUSBケーブルで接続します。

すると、「iTunes」が起動し、アクセスの許可を求めるダイアログが現れますので、「続ける」をクリックします。



すると、「アクセスを許可するには、お使いのiPhoneやiPadで応答してください」というダイアログが表示されます。
iPhoneやiPadを見ると、「このコンピューターを信頼しますか」というダイアログ表示されています。ここで、信頼をタップします。



すると、「iTunes」のメニューバーにiPhoneやiPadのイメージが現れますので、これをクリックします。

すると、接続したiPhoneやiPadの概要が表示されます。上部左側に最大容量・電話番号・シリアル番号が表示されます。

その右側にiPhoneやiPadのiOSのバージョンが表示されます。
バックアップするには、Mac OS X とiOSともに最新バージョンが必要です。
「アップデートを確認」をクリックすると、その結果が表示されます。



次に、バックアップの項目で、自動的にバックアップとiPhoneのバックアップを暗号化をデフォルトから変更します。

自動的にバックアップで、「iCloud」がチェックされていますが、「このコンピュータ」に変更します。

「iPhoneのバックアップを暗号化」がチェックされていませんが、チェックを入れます。
パスワードを入力する画面が現れるので、パソコンのログインパスワードを入力し、iTunesに戻り、「今すぐバックアップ」を実行します。

すると、バックアップが始まります。



バックアップ作業が終了すると、パソコン内にバックアップデーターが保存されます。

バックアップ作業が完全に行われたを確認するために、 iTunesの「環境設定」から「一般環境設定」を開き、「デバイス」を選択します(右図)。

最終更新日:2016年07月13日

トップに戻る