ハンディのちから Windows10インターネットでは、Windows 10でいままで標準搭載されてきたインターネットエクスプローラ(Internet Explorer)に代わり、Windows 10で初めて標準搭載された新開発のウエッブブラウザ「エッジ(Edge)」を紹介
ハンディのちからパソコン知っ得Windows10>Windows10インターネット

Windows10インターネット

Windows10の新ブラウザ「エッジ」

Windows 10はマイクロソフトの標準ブラウザ史における転換点でもあります。マイクロソフトのWindowsは20年にわたってインターネットエクスプローラ(Internet Explorer)を標準搭載してきましたが、Windows 10は新開発のウエッブブラウザ「エッジ(Edge)」を標準搭載しています。

エッジ(Edge)は描画速度に力を入れて開発されたようです。また、標準でPDFを表示できるのも特徴です。

ウエッブブラウザ「エッジ(Edge)」とは

エッジスタート画面
エッジのeアイコン

ウエッブブラウザ「エッジ(Edge)」のデフォルト画面を見ながらその機能を概要を見ていきましょう。
タスクバーの「eアイコン」をクリックすると、新型ウエッブブラウザ「エッジ(Edge)」が起動します。エッジのデフォルトの起動画面は右図のとおりです。MSN Japan とも違う Edge ユニークな画面です。

①:お気に入り、リーディングリスト、ダウンロードを開く。
②:Webノートの作成。
③:共有(メール送信等)
④:その他の操作(設定や印刷等)
⑤:新規タブ。
⑥:戻る。
⑦:進む。
⑧:更新。
⑨:アドレスバー兼検索窓

インターネットエクスプローラ(Internet Explorer)は「eアイコン」の右のアイコンから開くことができます。

ホームページの変更

起動して最初に表示される画面をホームページと言いますが、それをデフォルトからお好みのサイトに変更しましょう。

インターネットエクスプローラ(Internet Explorer)では、インターネットオプションの画面で、「ホームページ」蘭に表示するサイトのURLを入れて下の「現在のページを使用」をクリックします。その下のスタートアップは「ホームページから開始する」にチェックを入れます。(デフォルトでチェックが入っています。)

エッジ(Edge)では、右図の「・・・」ボタンをクリックして、「設定」を選択し、クリックします。



開いた右図の設定画面で、「プログラムから開く」でデフォルトの「スタートページ」から「特定のページ」にチェックを入れ替えます。



さらに「カスタム」をクリックします。



「Webアドレスを入力してください」枠の上にある「aboutstart」の右にある「×」をクリックし、削除します。



右図の画面のように上記でメモした URL を入力し右にある「+(追加)」をクリックします。



すると右図の画面のように、入力したURLのサイトが表示されます。
⑩:現在のページをお気に入りやリーディングリストに登録できます。
⑪:アドレスバー兼検索窓



Webノートの作成

「エッジ(Edge)」のWebノートの作成機能を使うと、上部に描画ツールが表示され、マウスやタッチ操作で絵を描けます。また、テキストの入力も可能です。
結果はお気に入りやリーディングリストに保存できるほか、範囲選択して画像としてコピーすることもできます。

最終更新日:2015年10月26日

トップに戻る

Windows 10
Windows 10インターネット
Windows 10メール
Windows 10予約APPでWindows10
Windows 10予約なしでWindows10
Windows 10Windows10を旧OSに戻す
Windows 10 Home USB
Windows 10 ProUSB
Windows 10 Home DSP
Windows 10 Pro DSP


Windows 8
Windows 7
パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較