ハンディのちから Windows10メールでは、Windows 10が標準装備するメールアプリはWindows 8と同様に、ストアアプリの「メール」ですが、POP3方式を初めてサポートしたので、POP3方式でやり取りする一般的なプロバイダーメールも利用できるようになりました
ハンディのちからパソコン知っ得Windows10>Windows10メール

Windows10メール

Windows10のストアアプリ「メール」

Windows 10が標準装備するメールアプリはWindows 8と同様に、ストアアプリの「メール」です。以下に従来と同じ機能と新たに取り入れられた機能を説明しましょう。

POP3方式

メールアプリ起動画面Windows 10が標準装備するメールアプリを初めて起動すると、WindowsのサインインにMicrosoftアカウントを設定済みの場合は、Microsoftアカウントのメールアドレスがすでに登録されていま す。
それ以外のメールアドレスでも送受信したいときは、アカウントを登録しておきましょう。



受信トレイWindows 10が標準装備するメールアプリの受信トレイは右図のように表示されます。
それ以外のメールアドレスでも送受信したいときは、アカウントを登録しておきましょう。例として、POP3方式のプロバイダーのメールアドレ スを登録してみます。
右図の左下に4つ並んでいるアイコンのうち、右側の歯車アイコンをクリックすると、右側に「設定」パネルが開きます。



設定 アカウント追加

開いた右図の「設定」パネルで「アカウント」をクリックすると、登録済みのメールアドレスと「+アカウント」が表示されます。
「+アカウント」をクリックすると、「アカウントの選択」画面が表示さます。

アカウントの選択開いた右図の「アカウントの選択」パネルで「詳細セットアップ」をクリックすると、「詳細セットアップ」画面が表示されます。
「詳細セットアップ」画面で「インターネットメール」を選び、続く画面でメールアドレスや表示名、受信メールサーバーなどを入力します。
アカウントの種類では「POP3」と「IMAP4」が選べます。
さらに送信メールサーバーなどを入力します。



最終更新日:2015年10月27日

トップに戻る

Windows 10
Windows 10インターネット
Windows 10メール
Windows 10予約APPでWindows10
Windows 10予約なしでWindows10
Windows 10Windows10を旧OSに戻す
Windows 10 Home USB
Windows 10 ProUSB
Windows 10 Home DSP
Windows 10 Pro DSP


Windows 8
Windows 7
パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較