ハンディのちから マイクロソフトアカウントでは、Microsoftアカウントとは・Microsoftアカウントはなぜ必要か・Live.comのサイトでMicrosoftアカウントを作る・インストール作業の途中でMicrosoftアカウントを作るなどの情報をご紹介
ハンディのちからパソコン知っ得Windows8>マイクロソフトアカウント

マイクロソフトアカウント

Microsoftアカウントとは

Windows 8ではいままでのWindows 7までと異なり、「ローカル・アカウント」「ドメイン・アカウント」を使ったログイン方式に加えて、新しく「Microsoftアカウント」と呼ばれるユー ザーIDを使ったサインイン方式が追加されています。
これは画面設定や環境設定などが含まれたユーザー・プロファイル情報をインターネット上に保存し、いつ でも簡単に以前の状態を復元したり、複数のWindows 8 パソコン間で設定を共通化したりするために利用されるものであります。また「Windows ストア」経由で導入したアプリの履歴を管理して、新しいシステム上でもアプリを自動的に導入したり、アップデートするといった目的もあります。

「Microsoftアカウント」は、Hotmail(インターネット環境さえあればどこからでもアクセスできる、容量無制限の無料メールサービス)やSkyDirve(無料で使える大容量オンライン ストレージ。写真やドキュメントをオンラインで保存し、相手を選んで共有し、Web ブラウザー、スマートフォン、デスクトップアプリからアクセス可能)、Office Web App(インターネット接続があれば、ブラウザー上で直接普段から使い慣れた Office のユーザー インターフェイスを使用してドキュメントにアクセス)などのサービスといったマイクロソフトのインターネット・サービスを利用する際に使用するアカウント・サービスで、これまで「Windows Live ID」と呼ばれていたものです。さらに、ローカルアプリケーションも、Windows Live IDでサインインすれば、WEBアプリケーションと連携できます。Windows Live IDを、Windows 8 にログオンするユーザーアカウントとして利用するのが、Microsoft アカウントです。

またWindows 8では、Microsoftアカウントでログオン(サインイン)できるほか、ストアからのアプリケーションをダウンロードする際などに必須となっています。
Windows 8 では、パソコンに登録したローカル アカウント(ユーザー名やパスワードなど、個人を識別するための情報)を使った従来のログオン方法と、Microsoftアカウントを使ったログオン方法があります。
ロカールアカウントは、コンピューターに登録したユーザー名とパスワード(任意)を使ってアカウントを区別します。NT系Windowsのユーザー管理方法で、 Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows 7でも利用しています。

ローカルアカウントはパソコンに登録しますが、Windows Live サービスとも、メールアドレスとも関係がありません。同じユーザーが他のパソコンを使う場合でも、そのパソコンで新規にアカウントを登録する必要があります。
Microsoft アカウントもパソコンに登録しますが、ユーザー名とパスワードはパソコン上ではない、Windows Live IDという外部サービスに登録します。

Microsoftアカウントはなぜ必要か

Windows 8でも、ロカールアカウントによるログオンは存在していますが、OSインストール画面ではMicrosoft アカウントを推奨していると思われます。
理由は、最初に表示されるのはMicrosoft アカウントのメールアドレス入力フォームで、ロカール アカウントを登録するには、わざわざ下のテキストリンク「Microsoft アカウントでサインインしない(D)」をクリックして、さらに「ローカル アカウント(L)」をクリックする必要があるからです。

Microsoftアカウントは、電子メールアドレスとパスワードを紐付けるWindows Live IDを利用し、Windows Live IDは、個人認証手段として使われます。

Microsoftアカウントの作り方

MicrosoftアカウントはWindows 8のインストール途中でも作成できますが、事前にLive.comのサイトで、確実にインターネットに接続されている状態で作成した方がよいでしょう。

Windows Live IDを取得するには、メールアドレスが必要で、IDを登録するときに、無料のWindows Live Hotmail のアカウントを作成する場合が多く、そのメールアドレスとパスワードを紐付けます。そうでない場合は、他社サービスのメールアドレスを使います。

Windows 8を利用するからといって、Windows Live サービスを使う必要はありません。しかし、Windows 8では、それまでのWindowsと比べると、Windows Live サービスへの依存度が高くなっています。さらに、外部ストレージと接続してクラウド化へ 進む傾向にあり、Windows Live サービスのSkyDriveとの連携が向上しています。

Live.comで作成する

Webブラウザで以下のMicrosoftアカウントの新規登録ページを開き、登録フォームに必要事項を記入します。Microsoftアカウント登録フォーム

名前、生年月日、性別を入力し、Microsoftアカウント名として、すでに持っているメール・アドレスを入力するか、入力欄の下の[新しいメール アドレスを作成する]のリンクをクリックし、「hotmail.co.jp」ドメインまたは「live.jp」ドメインのメール・アドレスを新規に作成 し、それをアカウント名とします。

パスワード は8文字以上で、大文字、小文字、数字、記号のうち2種類以上を含んでいる必要があります。[新しいメール アドレスを作成する]を選択した場合、その下の「パスワードをなくされた場合のリセット方法を指定してください」に「連絡用メール アドレス」の入力欄が追加され、ここで作成したメール・アドレスとは異なるメール・アドレスの入力が必要になります。

 その下の「パスワードをなくされた場合のリセット方法を指定してください」の項目では、携帯電話のメール・アドレスまたは電話番号を入力します。携帯電話の番号かセキュリティの質問は、どちらかの情報入力が必須となっ ています。また、出身地の郵便番号も必須項目なので、入力する(半角の「-」はあり・なしどちらでもよい)。

 最後の入力項目では、「あなたがロボットではないことの確認にご協力ください」のところに表示されている文字列(CAPTCHA文字)を入力します。

 [同意する]ボタンをクリックすると、「お使いのメール アドレスの確認」というメールが、入力したメール・アドレスまたは連絡用メール・アドレスに届くので、本文中の[<メール・アドレス>の確認]ボタン をクリックし、Live.comにログオンするとMicrosoftアカウントの確認が行われ、アカウントが作成できます。

その後、Hotmailへの接続にHTTPSを利用するかどうかの設定などを行うと、Hotmailの受信トレイが開きます。新規アドレスで Microsoftアカウントを作成した場合は、この受信トレイを利用した電子メールの受信や転送などが行えます。一方、既存のメール・アドレスを Microsoftアカウントに設定した場合は、当然ながらHotmailの受信トレイに電子メールが届くことはありません。

Windows 8のインストール中に作成する

Microsoftアカウントは、Windows 8のインストール作業の途中でも作成可能です。MicrosoftアカウントはWindows 8のログオン・アカウントとして利用可能となっています。Windows 8のログオン・アカウントをMicrosoftアカウントに設定すると、Windows 8の[スタート]画面からメール(Hotmail)やSkyDrive、カレンダー、ストアなどへシームレスに接続できるようになるし、複数の Windows 8のパソコン間で設定を共通化できます。

これに対してログオン・アカウントをローカル・アカウントに設定すると、従来のようにローカルもしくはドメインのユーザー・アカウントでパソコンを利用できるが、Metroアプリを利用するたびに、別途用意したMicrosoftアカウントのユーザー名とパスワードの情報(資格情報)の入力が必要になります。

その作成方法ですが、インストール・ウィザードの途中の[PCへのサインイン]画面で画面下側の[メール アドレスを新規登録]リンクをクリックすればよい。Live.comで作成する場合と同様の登録フォームが3ページに分割されて表示されるので、順次、入 力して行きます。入力が完了したらアカウントが作成され、インストール作業が再開します。

Windows 8のインストール・ウィザード中での[PCへのサインイン]画面PCへのサインイン画面
Microsoftアカウントを持っていない場合でも、Windows 8のインストール・ウィザードの途中の[PCへのサインイン]画面で画面下側の[メール アドレスを新規登録]リンクをクリックすることでMicrosoftアカウントの作成が行えます。
1)[メール アドレスを新規登録]リンクをクリックして、登録フォームに入力することでMicrosoftアカウントの作成が行えます。

メールアドレスを新規登録

最終更新日:2012年12月30日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較