ハンディのちから Windows 8では、Windows 8の導入する8つの方法・Windows 8転送ツールを使ったアップグレード・ウインドウズストアアプリなどのPCの設定・大きく変化したユーザーインターフェースに慣れるための使い方などの情報をご紹介
ハンディのちからパソコン>Windows 8

Windows 8

2012年10月26日にMicrosoftの次期OS「Windows 8」が発売されました。
Windows 8はこれまでのデスクトップパソコンやノートパソコンだけではなく、タブレットPCにも対応するために、ユーザーインターフェース(UI)が大きく変化し、 これまでとは異なるユーザーエクスペリエンス(UX)を実現しています。

ユーザーであるあなたがWindows 8を使ったときに得られる経験や満足などを感じることができると思われます。そのためには、

が必要です。

障害者でありシニアの「ハンディのちから」の管理人が、情報弱者と言われる「障害者やシニア」の方にも、難しいと思われている専門用語は解説したり極力少なくして解りやすく、Windows 8で大きく変化したユーザーインターフェースや提供してくれるサービス内容をご紹介しています。

Windows 8の導入

Windows 8を導入する方法は8つありますが、方法によってWindows 8が提供してくれるサービスへの経験や満足などは大きく異なります。

アップグレード作業の知識がない初心者におすすめコース!

Windows 8がプレインストールされたパソコンを購入すれば、セットアップ作業だけですべての機能が使えます。ここで異なるのは、タッチパネル対応液晶モニタタイプ(下表のタッチ8)、タッチパネル非対応液晶モニタタイプ(下表の非タッチ8)を購入するかで、ウインドウズストアアプリ利用時にタッチ操作ができるかできないかの使い勝手が異なります。
因に、NEC、富士通、ソニー、東芝、パナソニックの5社のWindows 8搭載のノートパソコンの63機種ありますが、タッチパネル対応液晶モニタ搭載ノートパソコンは17機種です。

Windows 7パソコンをお持ちでアップグレードができるユーザー向きコース!

Windows 7がプレインストールされている旧パソコンをWindows 8 Pro アップグレード版でアップグレードすると、Windows 8がプレインストールされたパソコンを購入するのと同じ機能を使うことができます。ここで異なるのは、タッチパネル対応液晶モニタタイプ(下表のタッチ7)、タッチパネル非対応液晶モニタタイプ(下表の非タッチ7)を購入するかで、ウインドウズストアアプリ利用時にタッチ操作ができるかできないかの使い勝手が異なります。

Windows Vistaパソコンをお持ちでアップグレードができるユーザー向きコース!

Windows Vistaがプレインストールされている旧パソコンをWindows 8 Pro アップグレード版でアップグレードすると、すべてのアップグレードパスを使うことができませんので注意が必要です。SP1・タッチパネル非対応液晶モニタタイプ(下表の非タッチVista SP1)ではアプリを、タッチパネル非対応液晶モニタタイプ(下表の非タッチVista)ではアプリとWindowsの設定を保持することができません。アップグレード後にアプリやWindowsの設定を再インストールする必要があります。
また、ウインドウズストアアプリ利用時にタップ操作ができません。

Windows XPパソコンをお持ちでアップグレードができるユーザー向きコース!

Windows XPがプレインストールされている旧パソコン(非タッチXP)をWindows 8 Pro アップグレード版でアップグレードすると、アプリとWindowsの設定を保持することができません。アップグレード後にアプリやWindowsの設定を再インストールする必要があります。
また、ウインドウズストアアプリ利用時にタップ操作ができません。
もう一つ、液晶モニタの解像度にも注意が必要です。ウインドウズストアアプリを利用するには、1024×768ドット以上の解像度のディスプレイ(モニタ)が必要です。さらにスナップ機能を利用するためには1366×768ドット以上の解像度のディスプレイ(モニタ)が必要です。

ハード
ウエア
ソフト
ウェア

アップグレード

アップグレードパス セット
アップ
ストア
アプリ
デスク
アプリ
アプリ 設定 個人
タッチ8 プレイン --- 必要 タッチ可 マウス操作
非タッチ8 プレイン --- 必要 タッチ不可 マウス操作
タッチ7 Win 8 Pro 必要 必要 タッチ可 マウス操作
非タッチ7 Win 8 Pro 必要 必要 タッチ不可 マウス操作
非タッチVista SP1 Win 8 Pro 必要   必要 タッチ不可 マウス操作
非タッチVista Win 8 Pro 必要     必要 タッチ不可 マウス操作
非タッチXP Win 8 Pro 必要     必要 タッチ不可 マウス操作
タッチ液晶パソコン タッチパネルノートパソコン 非タッチ液晶
パソコン
旧ノートパソコン Windows 8
Proアップ
グレード
     

アップグレード

Windows 8がプレインストールされたパソコンを購入すれば、アップグレード作業は必要ありませんが、Windows7/Vista/XPのパソコンの場合、Windows 8環境にするアップグレード作業が必要になります。
Windows 7ではStarter/Home Basic/Home Premium/Professional/Ultimateと分かれていたエディションは、Windows 8では「Windows 8」と「Windows 8 Pro」、新たに提供されるARM向けの「Windows RT」、Windows 8 Enterpriseエディションの全部で4エディション構成になっています。 しかし、一般ユーザーが使えるエディションは「Windows 8(コンシューマー向け)」と「Windows 8 Pro(ビジネス/中上級者向け)」の2つです。

アップグレード作業の手順はつぎのとおりです。

  1. お持ちの旧パソコンがWindows 8のシステム要件を満たしているかの確認。
  2. Windows 8 にアップグレードする前に、Windows 8 アップグレード アシスタントを実行。
  3. Microsoftアカウントを旧パソコンで取得。Windows 8 では、パソコンに登録したローカル アカウントを使った従来のログオン方法と、Microsoftアカウントを使ったログオン方法があります。ストアからのアプリケーションをダウンロードする際などにはMicrosoftアカウントが必須となっています。
  4. データ引っ越し(Windows XPとWindows VistaでWindows 8転送ツールを使う)
    1. USBメモリにWindows 8転送ツールをコピー
    2. 旧パソコンのファイルをコピー
  5. セットアップの実行。
  6. セットアップ・ネットワークを選んで無線LANに接続をする

PCの設定

windows8PC設定パソコンがWindows 8にアップグレードされたら、必要な「PCの設定」を実行します。

  1. PCの設定では、ロック画面、スタート画面、アカウント画像の設定のパーソナル設定やユーザー・アカウントにおけるパスワード設定などができます。
  2. ウインドウズストアアプリでは、ウインドウズストアアプリの動作環境の確認・複数同時起動切り替え・スナップなどを実行します。
  3. ウインドウズストアアプリのメールとインターネットエクスプローラー、フォトの限界を補ってくれるウインドウズエッセンシャルズのインストールを実行する。
  4. 標準ウインドウズストアアプリのなかからフォト・カレンダー・ビデオ・地図・ファイナンス・ピープル・天気などのおすすめウインドウズストアアプリのインストールを実行する。

使い方

従来のスタートメニューWindows 8ではユーザーインターフェースが大きく変化しました。詳細は随時追記して行きますが、重要なポイントを解説しています。

Windows8の起動時やスリープからの復帰時にロック画面続いてサインイン(ログオン)画面が表示されます。それらが煩わしいユーザーはそれらの画面をスキップし、スタート画面に直行できます。

ログオンするとWindows 7までのデスクトップに代わって表れるスタート画面の見方など。

クリックすると、インストールされているすべてのアプリがスタート画面いっぱいに表示されすべてのアプリ画面の見方など。

デスクトップ画面でタスクバー、エクスプローラーやインターネットエクスプローラーやアプリケーションの起動、アプリのショートカット作成など。

オフィス2010などと同じ「リボン」と呼ばれるタブ方式のユーザーインターフェースを導入したことが一番大きな違いのファイル操作画面である「エクスプローラー」の見方など。

スタートメニューから呼び出すことができなくなった「コントロールパネル」の呼出し方法や設定できる各種設定機能など。

Windows8には、ウインドウズストアアプリ版とデスクトップ版の2種類のインターネットエクスプラーラー(IE10)があります。右クリック・ナビゲーションバー・アプリバー・チャームなどの主要な機能など。

Windows8の標準メールでは、HotmailやGメールなどのウエッブメール(IMAP方式)のアカウントしか扱えない、ウインドウズストアアプリ版メールのアプリバーやチャームやアカウントの追加方法など。

デスクトップで一般的なプロバイダーメールの送受信に必要な「ウインドウズライブメール2012」を使う方法やポイントを解説

Windows8の標準の「フォト」は閲覧を主体にした無料ソフトウェアですが、機能が豊富でウインドウズストアアプリ版を補完する「フォトギャラリー」の使い方など。

ファイルをアップロード・チャームでファイルを共有・ウェブブラウザーで動作するオフィスソフトのオフィスウェブアップスなどのスカイドライブの使い方など。

ウインドウズストアアプリを使いこなすためにも、Windows7で使っていたショートカットキーがそのまま使え、覚え直す手間もそんなにかからない利用価値の高い9つのショートカットキー操作。

Windows 8の書籍紹介

Windows 8 書籍」では、楽天市場内の楽天ブックス(販売店)のWindows 8へWindows XPパソコンから乗り換え、Windows 8必須アプリガイド、Windows8プログラミングバイブル、Windows 8完全制覇、Windows 8パソコン引越しガイド、Windows 8ストアアプリ開発入門・Windows 8乗り換えガイド・OS設定のための基本ワザと裏ワに関する書籍をご紹介しています。

最終更新日:2013年01月13日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8.1
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
管理人のスカイドライ
スカイドライブインストールWin Vista
スカイドライブセキュリティコード
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブファイルアップロード
スカイドライブファイル共有
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較