ハンディのちから 知っ得Windows 8では、Windows 8とWindows 8 Pro、ARM向けのWindows RT、Windows 8 Enterpriseエディションの全部で4エディション構成、Windows 8のDSPエディション・アップグレード・32bit版と64bit版の選び方などの情報をご紹介
ハンディのちからパソコン>知っ得Windows 8

知っ得Windows 8

2012年10月26日にMicrosoftの次期OS「Windows 8」が発売されました。「ハンディのちから」の「知っ得Windows 8」では、「Windows 8」のDSPエディション・アップグレード・「32bit版」と「64bit版」の選び方などの情報をご紹介していきます。

Windows 8は全部で3エディション構成

Windows 7ではStarter/Home Basic/Home Premium/Professional/Ultimateと分かれていたエディションは、「Windows 8」と「Windows 8 Pro」、新たに提供されるARM向けの「Windows RT」、Windows 8 Enterpriseエディションの全部で4エディション構成になっています。 しかし、一般ユーザーが使えるエディションは「Windows 8(コンシューマー向け)」と「Windows 8 Pro(ビジネス/中上級者向け)」の2つです。

Windows 8 ProはWindows 8の上位エディションとなり、Windows 8ではWindows 8 Proの一部の機能が提供されません。逆にWindows 8 ProではWindows 8のすべての機能が利用できるスーパーセットの関係になります。

新たに提供されるARM版に関しては、Windows 8ではなく「Windows RT」となっています。Windows RTにはOfficeがバンドルされています。また、既存のデスクトップ向けアプリケーションとの互換性はありません。

ソフトウエアアシュアランス(SA)契約を結んでいるビジネスユーザーについては、これまでのWindows 7 Enterpriseと同様に、Windows 8 Enterpriseエディションを提供されています。

パッケージラインアップ

Windows 8 Pro アップグレード :Windows XP(SP3)/Vista/7からWindows 8 Proへのアップグレードパッケージ:32ビット版/64ビット版共通)

Windows 8 Pro Pack アップグレード :Windows 8(無印)からProへのアップグレードパッケージ:32ビット版/64ビット版共通)

DSP版Windows 8: Windows 8(無印)の新規インストール用(32ビット版と64ビット版は別パッケージ)

DSP版Windows 8 Pro: Windows 8 Proの新規インストール用(32ビット版と64ビット版は別パッケージ)

ダウンロード販売 Windows 8 Pro アップグレード: Windows XP(SP3)/Vista/7からWindows 8 Proへのアップグレード:32ビット版と64ビット版は別ファイル)

の8エディションがあります。

「32bit版」と「64bit版」

知っ得Windows 8」では「Windows 8」の「32bit版」または「64bit版」のどちらかを選ぶ際に必要な情報をご紹介しています。Windows XP/Vista/7/8には「32bit版」と「64bit版」があります。これはプログラムの命令拡張の違いです。具体的に言うと、搭載できるメモリの最大容量です。「32bit版」では最大4GBで、それ以上を搭載を望むなら「64bit版」になります。
32bit版は4GBメモリまで搭載できますが、4GBに限って他のデバイスがこの領域を使用するため、実際は3GB程度しか認識しません。 しかし、64bit版なら8GBメモリを搭載すれば、きっちり8GB認識してくれます。ただ、64bit版は64bit版のソフトウェア不足が難点です。

ワープロや表計算などのビジネス用では、32bit版で十分なレベルです。グラフィックスの分野でも一般家庭用パソコンなら高性能なCPUでカバーできているので、32bit版で特に問題ありません。
64bit環境では扱えるメモリ空間が広がるため、これまで以上の膨大な計算処理ができるわけですが、64bitの恩恵があるのはリアルさが加速する3Dグラフィックの分野となります。

「32bit版」または「64bit 版」のどちらかを選ぶ際には、パソコンのメモリ・CPU・使用するソフトウェア・使用目的などを考慮する必要があります。

パソコンのメモリの対応

「32bit版」と「64bit版」具体的には何が違うのか。命令拡張の違いとはいっても、具体的にどう違いがあるのか。それはOS が認識出来るメモリの最大容量です。「32bit版」では最大3~3.5GBで、それ以上を搭載を望むなら「64bit版」になります。32bit版でも 4GB以上のメモリをで搭載できますが、4GB搭載しても、実際は3GB程度しか認識しません。一方、64bit版なら8GBメモリを搭載すれば、きっち り8GB認識してくれます。

2012年10月時点でご紹介しているデスクトップパソコンの標準搭載メモリは8GBが35、4GBが31、2GBが1機種です。ノートパソコンの標準搭載メモリは8GB(34機種)・4GB(134機種)・2GB(4機種)・1GB(2機種)の4種類です。メモリ的には「64bit版」が使える環境が整ってきています。

パソコンのCPUの対応

CPUは64bitに対応済みです。OSを64bit版にするには、ハード面も対応させなくてはなりません。現在主流のCPUはすで に対応しています。AMDのCPUでは、「Athlon 64 Athlon 64 X2 Turion 64」と名前があるように64bitを強調してきました。それが当たり前になった今では、それ以降のCPUには64の表記すらしなくなっています。

使用するソフトウェアの対応

64bit版のソフト不足が難点です。今普及しているアプリケーションソフトやドライバーソフトが32bitのままなので、なかなか移行できないのです。せっかく64bit版にしても、64bitソフトがないのが現状です。
64bit版のWindowsには、「wow64」というサブシステムがあります。これにより32bitソフトを使用できますが、万能ではないので動作しない場合もあります。やっぱり32bitソフトは32bit版で動作させるのが一番です。

使用目的

既に、ワープロや表計算などのビジネス用では32bit版で十分なレベルです。グラフィックスの分野でも一般家庭用なら高性能なCPUでカバーできているので、32bit版で特に問題ありません。
64bitの恩恵があるのはリアルさが加速する3Dグラフィックの分野などとなります。

最終更新日:2013年01月10日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8.1
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
管理人のスカイドライ
スカイドライブインストールWin Vista
スカイドライブセキュリティコード
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブファイルアップロード
スカイドライブファイル共有
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較