ハンディのちから

Windows8のデスクトップ画面では、タスクバー、エクスプローラーやインターネットエクスプローラーやアプリケーションの起動、アプリのショートカット作成などの情報を紹介

ハンディのちからパソコン知っ得Windows8>Windows8のデスクトップ画面

Windows8のデスクトップ画面

デスクトップ画面

windows8デスクトップWindows 8のスタート画面に並ぶタイルのうち「デスクトップ」をクリックすると、Windows 7まででおなじみのデスクトップ画面に切り替わります。

右図のWindows 8のデスクトップ画面を見るとお判りのように、画面の左下のタスクバーには、IEボタンインターネットエクスプローラーとエクスプローラーボタンエクスプローラーのボタンのみで、おなじみのスタートボタンスタートメニューのボタンがありません。このために、あらゆる操作がWindows 7までの同じと言うわけにはいきません。

デスクトップでの操作

ファイルを操作するエクスプローラーは、タスクバーのエクスプローラーボタンアイコンから起動できます 。

インターネットエクスプローラーは、タスクバーのIEボタンアイコンから起動できます 。

デスクトップに登録してあるアプリはタスクバーのアプリのアイコンから起動できますが、未登録のアプリを起動するには、いったん「Windows」キー(Windows 7までは旗の絵柄、Windows 8では窓の絵柄)を押してスタート画面に戻り、アプリのタイルをクリックする必要があります。

スタートメニューがあったWindows 7まででは、デスクトップだけでこうした作業が完結していましたが、Windows 8ではスタート画面とデスクトップ画面の行き来が頻繁に必要になることもあります。

デスクトップにショートカットアイコンを作成する

次の手順で、アプリケーションのショートカットをデスクトップに作成します。

  1. スタート画面の何もないところを右クリックし、表示されるメニューから「すべてのアプリ」をクリックします。
  2. ショートカットを作成したいアプリケーションを右クリックし、表示されるメニューから「ファイルの場所を開く」をクリックします。
  3. フォルダーが開きます。ショートカットを作成したいアプリケーションを右クリックし、表示されるメニューから「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」の順にクリックします。
  4. 矢印のマークが付いたショートカットアイコンが、デスクトップに作成されたことを確認します。

最終更新日:2012年12月31日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8.1
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
管理人のスカイドライ
スカイドライブインストールWin Vista
スカイドライブセキュリティコード
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブファイルアップロード
スカイドライブファイル共有
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較