ハンディのちから スカイドライブでは、Macintoshパソコン、スマートフォンや携帯タブレット端末でも使えるスカイドライブアプリ・パソコンでのスカイドライブの使い方・ウェブブラウザーで動作するオフィスソフトのオフィスウェブアップスを紹介
ハンディのちからパソコン知っ得Windows8>スカイドライブ

スカイドライブ

スカイドライブとは

「スカイドライブ」はマイクロソフトが提供するクラウドストレージです。クラウドストレージとは、インターネット上の「外付けハードディスク(HDD)」のことで、更新日現在、7GBを自分専用の保存スペースとして無料で利用できます。有料のスカイドライブを使えば、200GBまでの保存スペースの利用が可能です。

Windows 8パソコンでは、クラウドと意識せずに、「内蔵ハードディスク(HDD)」のような感覚で利用できるのが「スカイドライブ」です。
「スカイドライブ」に保存したデータは、他のWindowsパソコンやMacintoshパソコン、スマートフォンや携帯タブレット端末などともやり取りできる上に、誰でも無料でオフィス(Office)文書をWeb上で作ることができます。

「スカイドライブ」以外のクラウドストレージには、DropboxやGoogleドライブなどがあります。

スカイドライブアプリ

Windows環境で使用できるスカイドライブアプリには、「SkyDrive(Windowsストアアプリ)」と「デスクトップ版SkyDrive」2つのバージョン(これ以外にもスマートフォン用やMacintoshパソコン用などがリリースされています)がありました。以下にそれぞれのアプリを解説します。

パソコンでスカイドライブの使い方

スカイドライブの使い方にはつぎの4つがあります。

しかし、いずれの方法でも同じマイクロソフトアカウントを使う必要があります。

スカイドライブを使ってみる

スタート画面にある「スカイドライブ」のタイルをクリックし、アカウントを入力して「サインイン」すると、つぎのようなトップ画面が表示されます。この画面から、ファイルを作成したり、保存したり、共有することができます。特に「共有」に関してはそれぞれのファイル別に共有リンクを作ることができるので非常に便利です。このリンクだけをメールやSNSを使って共有する相手に伝えるだけで良いのです。

オフィスウェブアップス

スカイドライブ版の「オフィスウェブアップス」は、オフィス(Office)文書としては普通の有料版のワード・エクセル・パワーポイントと比べて、簡易版という位置づけです。しかし、普通の有料版のソフトウェアを持っていないユーザーやMacintoshユーザーにとっては、スカイドライブで誰でもブラウザ上から無料で利用できる大きなメリットがあります。

ウェブブラウザーでスカイドライブにアクセスしたときのみ、「オフィスウェブアップス」を使うことができます。「オフィスウェブアップス」とはウェブブラウザーで動作する「オフィスソフト」のことで、ワードエクセルパワーポイント・ワンノートが無料で使えます。新規文書の作成も、既存文書の表示や編集もできます。

最終更新日:2013年01月10日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較