ハンディのちから ワンドライブ(スカイドライブ)版のパワーポイントでは、有料版のパワーポイントを持っていないユーザーやMacintoshユーザーでも新規文書の作成も、既存文書の表示や編集もウェブブラウザーできるオフィスオンライン版パワーポイントを紹介
ハンディのちからパソコン知っ得Windows8>ワンドライブ(スカイドライブ)版のパワーポイント(PowerPoint)

ワンドライブ(スカイドライブ)版の
パワーポイント(PowerPoint)

ワンドライブ(スカイドライブ)版のパワーポイントとは

ワンドライブ(スカイドライブ)版の「オフィスオンライン(オフィスウェブアップス)」は、オフィス(Office)文書としては普通の有料版のワード・エクセル・パワーポイントと比べて、簡易版という位置づけです。しかし、普通の有料版のソフトウェアを持っていないユーザーやMacintoshユーザーにとっては、ワンドライブ(スカイドライブ)で誰でもブラウザ上から無料で利用できる大きなメリットがあります。

ウェブブラウザーでワンドライブ(スカイドライブ)にアクセスしたときのみ、「オフィスオンライン(オフィスウェブアップス)」を使うことができます。「オフィスオンライン(オフィスウェブアップス)」とはウェブブラウザーで動作する「オフィスソフト」のことで、ワード・エクセル・パワーポイント・ワンノートが無料で使えます。新規文書の作成も、既存文書の表示や編集もできます。

パワーポイントオンラインとは

パワーポイントオンラインオフィス(Office)文書としては普通の有料版のパワーポイントに比べて、簡易版の位置づけのパワーポイントオンラインはつぎのようなソフトウェアです。7つのタブの内容は図の通りです。普通の有料版のパワーポイントのタブ内容と比べると、明らかに劣っています。その内容をご理解の上でお使い下さい。

ワンドライブ(スカイドライブ)版のパワーポイント使ってみる

ワンドライブ(スカイドライブ)版の「パワーポイント(PowerPoint)」はゼロからプレゼンテーション作成するのに十分な機能を備えています。ワンドライブ(スカイドライブ)版の「パワーポイント(PowerPoint)」を使えるようになると、ネットワークに接続されたパソコンであればどの端末からでも利用できます。

新規作成時にテーマを選択でき、スライド追加時にフォーマットを選択することも可能 です。スライドの切り替え効果やアニメーション、ビデオ、オーディオなど、表現力を高める機能は利用できませんが、SmartArtグラフィックを使用した表現や図にスタイルを適用することが可能です。

最終更新日:2014年06月29日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8.1
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
管理人のスカイドライ
スカイドライブインストールWin Vista
スカイドライブセキュリティコード
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブファイルアップロード
スカイドライブファイル共有
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較