ハンディのちから セットアップ・Windows8では、Windows 8搭載パソコンをに購入、旧パソコンでマイクロソフトアカウント取得・セットアップ・ネットワークを選んで無線LANに接続をする設定・ウインドウズライブメールをインストールを説明
ハンディのちからパソコン知っ得Windows8>セットアップ・Windows8

セットアップ・Windows8

Windows 8搭載パソコンをに購入して、旧パソコンでマイクロソフトアカウントの取得・Windows 8搭載パソコンのセットアップ・ネットワーク(SSID)を選んで無線LANに接続をする設定・ウインドウズライブメールをインストールを説明します。

マイクロソフトアカウントを取得

最初に、使い慣れた旧パソコンで、マイクロソフトアカウントを取得します。

Windows 8パソコンのセットアップ

管理人が使っているソニーの最新モデルを例に進めて行きます。

  1. パソコンの電源を入れます。
  2. 「地域と言語」画面が表示されるので、以下の項目が選択されていることを確認し、「次へ」ボタンを選択します。
  3. 「ライセンス条項」画面が表示されるので、内容を確認し、「Windows とこの PC のライセンス条項に同意します」にチェックをつけ、「同意する」ボタンを選択します。
  4. 「パーソナル設定」画面が表示されるので、お好みの色を選択し、「PC名」欄にパソコンの名前を決めて入力して「次へ」ボタンを選択します。
  5. 接続可能なアクセスポイントが認識された場合は、「ワイヤレス」画面が表示されるので、以下の操作を行います。
    インターネットに接続する場合は「接続」ボタンを選択して、次の手順に進みます。インターネットに接続しない場合は「後でワイヤレスネットワークに接続する]」ボタンを選択して、次の手順に進みます。
  6. 「パスワード」欄にアクセスポイントに接続するためのセキュリティーキー(暗号キー)を入力し、「接続」ボタンを選択します。
  7. 「設定」画面が表示されるので、「簡単設定を使う」、または「自分で設定する」ボタンのいずれかを選択します。
  8. 「PCへのサインイン」画面が表示されるので、以下の操作を行います。
    • Microsoftアカウントを作成する場合(手順10へ):手順5でインターネットに接続している場合は、Microsoftアカウントを作成できます。利用中のメールアドレスを使用する場合と、新規でメールアドレスを取得する場合で手順が異なります。
    • ローカルアカウントを作成する場合:中央の箇条書きを良く読んで、自分で変更したい項目があり手順5でインターネットに接続している場合は、[Microsoftアカウントを使わずにサインインする]を選択して、次の手順に進みます。
  9. 「サインインするには2つの方法があります」画面が表示されるので、「ローカルアカウント」ボタンを選択します。
  10. windows8セットアップサインイン「ユーザー名」、「パスワード」、「パスワードの確認入力」、および「パスワードのヒント」を入力した後、「完了」を選択して操作は完了です。 「パスワード」、「パスワードの確認入力」、および「パスワードのヒント」に何も入力せず、「完了」を選択すると、パスワードは設定されません。
  11. Windows 8が起動してスタート画面が現れます。過去のデータを引き継ぐ必要が無ければこの状態から使い始めることができます。

ウインドウズライブメールのインストール

パソコンに無線LANで接続をする設定を行います。設定にはネットワーク(SSID)を選んで接続する方法を利用します。

  1. スタート画面の右下または右上の角に、マウスポインターを移動し、チャームを表示します。
  2. チャームの設定をクリックします。
  3. ワイヤレスアイコン「ワイヤレス」アイコン(電波の強度を示すアイコン)をクリックします。
  4. 「ネットワーク」が表示され、利用できるネットワーク名(SSID)が表示されます。「無線LANアクセスポイントの設定を確認する」で控えたネットワーク名をクリックします。
  5. 「接続」をクリックします。自動的に接続する」はお好みでクリックしてチェックを付けます。
  6. 「ネットワークセキュリティキーを入力してください」と表示されます。「無線LANアクセスポイントの設定を確認する」で控えたセキュリティキー(PSK または WEPキー)を入力します。
  7. ネットワークセキュリティーキー入力「次へ」ボタンをクリックします。
  8. 「PCの共有をオンにしてこのネットワークのデバイスに接続しますか?」と表示されます。
    1. 公共の場所にあるネットワークへ接続する場合は、「いいえ、〜」をクリックします。
    2. ホームネットワークや社内ネットワークに接続する場合は、「はい、〜」をクリックします。
  9. つぎに、チャームの「設定」から「PC設定の変更」の「ユーザー」を開いて、ローカルアカウントを事前に取得しておいたマイクロソフトアカウントに切り替えます。
  10. 最後にウインドウズライブメールをインストールインストールします。Windows 7以前のメーラーのデータは、ウインドウズストアアプリの「メール」には転送できません。
    Windows 8では、Windows Live メールなどのメールソフトをインストールして使用することができます。ここでは例としてWindows Live メールのインストール方法について説明します。Windows Live メールのメールソフトは、以下のサイトなどで入手することができます。Windows Essentials
    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-live/essentials-homeWindows 8でWindows Live メールを設定するには、以下の操作手順を行ってください。
    1. Windows Live メールのインストーラーを起動します。
    デスクトップ版Internet Explorer 10でダウンロードを行った場合の操作例
    1-1. デスクトップ版Internet Explorer 10の画面右上にある歯車の形をしたアイコンをクリックし、表示される一覧から [ ダウンロードの表示 ] をクリックします。
    1-2. ダウンロードファイルの一覧が表示されます。「wlsetup-web.exe」の行をクリックし、[ 実行 ] をクリックするとファイルが実行されます。
    2. インストールするプログラムを選択します。
    Windows Live メールのみのインストールを行うには [ インストールする製品の選択 ] をクリックします。[ Windows Essentialsをすべてインストール ] を選択すると、Windows Live メール以外のプログラム(フォトギャラリー、ムービーメーカー、Messengerなど)も同時にインストールされます。
    3. 「メール」のみチェックを付け [ インストール ] をクリックすると、インストールが開始されます。
    4. インストール完了後、[ 閉じる ] をクリックします。

最終更新日:2013年01月05日

トップに戻る

Windows 8 DSP版 32ビット
Windows 8 DSP版 64ビット
Windows 8 Pro DSP版 32ビット
Windows 8 Pro DSP版 64ビット
Windows 8 Pro アップグレード版
Windows 8 Pro Pack アップグレード版
ローカルアカウント
マイクロソフトアカウント
知っ得Windows 8
Windows8のすべてのアプリ画面
コントロールパネル・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8
コントロールパネルの出し方(開き方)・Windows8.1
Windows8のデスクトップ画面
Windows8のエクスプローラー画面
インターネット・Windows8
メール・Windows8
新ライブメール・Windows8
新ライブメールへ移行・Windows8
新ライブメールを使いこなす・Windows8
PC設定・Windows8
フォトギャラリー・Windows8
9つのショートカットキー・Windows8
スカイドライブ・Windows8
管理人のスカイドライ
スカイドライブインストールWin Vista
スカイドライブセキュリティコード
スカイドライブの使い方
スカイドライブアプリ
スカイドライブファイルアップロード
スカイドライブファイル共有
スカイドライブ版のワード
スカイドライブ版のエクセル
スカイドライブ版のパワーポイント
Windows8のスタート画面
Windows8の起動
ウインドウズストアアプリ
あすすめのストアアプリ
タッチ操作・Windows8
Windows7をWindows8にアップグレード
セットアップ・Windows8
データ引っ越し・Windows8
購入・Windows8
ウインドウズエッセンシャルズ・Windows8


パソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較