ハンディのちから インターネット環境までの回線を設置してくれる回線事業者及び、インターネットに接続するためのサービスを提供してくれるプロバイダー選びと契約情報をご紹介
ハンディのちからパソコン>インターネット回線とプロバイダー

インターネット回線とプロバイダー

ハンディのちから」の「インターネット回線とプロバイダー」では、インターネット環境までの回線を設置してくれる回線事業者及び、インターネットに接続するためのサービスを提供してくれるプロバイダー選びと契約情報をご紹介しています。

インターネットの設定をする前に2つの準備

インターネットを利用するには、インターネット環境までの回線を設置してくれる回線事業者及び、インターネットに接続するためのサービスを提供してくれるプロバイダ会社と契約する必要があります。これらの契約を行い、設定情報取得すると同時に光ファイバーインターネット、ADSLインターネット、CATVインターネット回線工事を完了していないとインターネットの設定作業が行えません。

  1. 一つ目はインターネット回線の準備です。
  2. 二つ目はプロバイダーとの契約を行い、インターネットに接続 するために必要な情報などを得る必要があります。
  3. 外の電信柱から光ファイバーを家の中に直接引き込み(FLET'S光の場合)、専用の回線終端装置やひかり電話ルーター設置までの工事が完了し、インターネットに接続 するために必要な情報の取得が完了。

インターネット回線の準備

インターネット回線には光ファイバーインターネットADSLインターネットCATVインターネット携帯電話回線インターネットPHS回線インターネットWiMAXインターネットなどがあります。

ユーザーの使用環境や目的に合う使用媒体・速度・使用場所・宅内接続方法情報・使用できるパソコン台数・接続方法・工事&設定・メールアドレスなどをチェックして、インターネット回線を選択しましょう。

同時に、光ファイバーインターネット、ADSLインターネット、CATVインターネットの「回線事業者」の選定を行います。「キャリア」とも呼ばれる回線事業者、インターネットに接続するための光ファイバーやADSLやCATVなどの回線を提供する事業者です。電話会社や電力会社を母体することが多く、サービスの提供範囲の広さも各社で異なります。
回線事業者にはNTT東日本、NTT西日本、JCNなどがあります。

携帯電話回線インターネット、PHS回線インターネット、WiMAXインターネットの場合、回線工事は必要ありません。eAccess、ソフトバンク、KDDI、イー・モバイル、UCOMなどの通信事業者とサービス契約を結びます。

また、接続方式を有線LAN、無線LAN、データ通信カードやアダプターを使う方式の中から選びます。各接続に必要な機器をる回線事業者からレンタルや購入して準備を行います。ルーターなどは回線事業者からではなく、メーカーから購入することもできます。

インターネット回線の詳しい情報はインターネットの接続方法をご覧ください。

インターネットに接続 するために必要な情報

インターネットに接続するために必要な情報を得る方法は、プロバイダーと契約している場合と初めてインターネットを使う場合で異なります。

すでにプロバイダーと契約している場合、サービス・プランを変更しない場合は既得のインターネットに接続するために必要な情報が使えます。プロバイダーやサービス・プランを変更する場合は新たにインターネットに接続するために必要な情報を取得する必要があります。

初めてインターネットを使うユーザーがインターネットに接続するには、プロバイダーとの 契約が必要です。プロバイダーとは、インターネッ トに接続するためのサービスを提供している企業 や団体です。 プロバイダーと契約すると、インターネットに接続するために必要な情報などが送られてきます。プロ バイダーの指示に従って、パソコンの設定を行います。

プロバイダーから提供される「受信(POP)サーバー ・送信(SMTP)サーバー ・メールアドレス ・メールアカウント名 ・メールパスワート」などの情報も必要です。

専用の回線終端装置やひかり電話ルーター設置までの工事

外の電信柱から光ファイバーを家の中に直接引き込み(FLET'S光の場合)、専用の回線終端装置やひかり電話ルーター設置までの工事は回線事業者が行います。
この工事が完了していませんと、インターネットの設定はできません。

インターネットやメールの設定

インターネット接続の設定方法について、ご契約のプロバイダーの指示に従って接続してください。インターネット接続の設定方法は、接続方式に従って有線LAN、無線LAN、データ通信カードがあります。

インターネットやメールの接続の設定をユーザーが行うと費用がかかりませんが、使っていない人と初心者にとっては難しい作業かもしれません。そこで外部に依頼することを考えますと、つぎのような選択肢があります。

インターネット接続設定(パソコン、ルーター、メールソフト等)・機器の設置・設定(パソコン、ルーター、プリンタ、周辺機器等)・コンピューターウイルス対策ソフトインストール・設定・ウイルス駆除などは、フレッツ光の開通工事と同時にNTT東日本、NTT西日本や家電量販店に有償で依頼できます。

楽天市場のパソコン販売店の激安家電販売 PCあきんど楽市店は、パソコン初期設定基本サービス税込み10,500円・無線LANオプション設定税込み3,150円・メールアカウント追加設定1アカウント税込み3,150円・追加パソコンインターネット設定(2台目以降)税込み3,150円・追加パソコン初期設定(2台目以降)税込み3,150円・ソフトウェアインストール設定(1タイトル)税込み3,150円・TVチューナーオプション設定税込み3,150円・プリンタオプション設定税込み3,150円・メールアカウント変更設定1アカウント税込み3,150円・デジタルカメラオプション設定税込み3,150円を行っています。

セキュリティ対策ソフトの準備

コンピューターウイルスや不正アクセスなどの脅威からパソコンを守るためには、セキュリティ対策ソフトをお使いになることをお勧めします。 ほとんどのパソコンには、90日間無料で使うことができる「ノートン インターネット セキュリティ」や「ウイル スバスター」などが用意されています。

「ノートン インターネット セキュリティ」や「ウイル スバスター」なども初期設定が必要です。

最終更新日:2012年01月12日

トップに戻る

パソコンの購入と操作ナビ
やさしいパソコン購入ナビ
やさしいパソコン操作ナビ
パソコンに対する不安こと
パソコン購入
パソコンのセットアップ
インターネット回線とプロバイダー
Windows OS セットアップ
パソコン初心者のインターネット設定
Mac&Windows家庭LAN
Excelで行の高さをコピーする方法
ホームページ画像のサイズ
ペイントによる画像のサイズダウン
とことんサポートPC・LS200/FS
ノートPCNEC2011年秋冬モデルLS200/FS


デスクトップパソコン
ノートパソコン
マックパソコン
デスクトップパソコン選び
ノートパソコン選び
デスクトップパソコン比較
ノートパソコン比較
マックパソコン比較