ハンディのちから アフィリエイト奥入瀬渓流の観光ベストシーズンでは、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちのお客さまの病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、新緑・花・日本屈指の紅葉・冬景色・滝・流れなどの奥入瀬渓流の観光ベストシーズン情報を提供
ハンディのちからバリアフリー旅行>奥入瀬渓流の観光ベストシーズン

奥入瀬渓流の観光ベストシーズン

ハンディのちから」の「奥入瀬渓流の観光ベストシーズン」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちのお客さまの病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、新緑・花・日本屈指の紅葉・冬景色・滝・流れなどの奥入瀬渓流の観光ベストシーズン情報をご提供しています。

奥入瀬渓流へのアクセスは八戸駅や青森駅、三沢空港からが便利です。この近辺の宿は『十和田&奥入瀬近辺のバリアフリーの宿』をご覧ください。

奥入瀬渓流の観光ベストシーズンは新緑の5月から紅葉の11月上旬までです。

奥入瀬渓流新緑新緑のベストシーズンは5月半ば以降から始まり6月後半頃までです。こけむした岩と清流のせせらぎ、渓流の左右に生い茂る新緑が素晴らしい。
写真のように渓流の左右に広葉樹が生い茂るため、車道からも遊歩道からでも新緑を楽しむことができます。渓流沿いの遊歩道は車いすで降りたり上がったりするのは大変ですので、車道沿いの遊歩道に車いすを止めたり、移動しながら楽しむことができます。

奥入瀬渓流花花:4月半ばころから秋まで。奥入瀬渓流を下る水のほとんどは十和田湖から流れ出たものですので、そのためどんな大雨でも増水することはまれで、奥入瀬川の中の岩はどれも植物が生え、岩の上にはヤマツツジやムラサキヤシオ、コミネカエデ、タニウツギなどが見られます。
5月には渓流沿いの林のなかでは、キクザキイチリンソウや二リンソウが一斉に花を咲かせます。 また、奥入瀬渓流にはどこを歩いても目に入ってくるコケとシダがあります。

奥入瀬渓流紅葉 日本屈指の紅葉:10月下旬から11月上旬。頭上を覆うブナ、カエデ、ヤマモミジ、ミズナラ、オニグルミなどの樹林が色付きます。奥入瀬渓流の紅葉は、渓流の左右に広葉樹が生い茂るため、車道からも遊歩道からでも紅葉を楽しむことができます。種類が豊富なため、早く色づくものと遅く色づくものがあります。

遅い紅葉:11月はじめ頃は赤いモミジの葉が多くなる。

冬景色:11月半ば頃より雪が降り始め、本格的な冬景色は12月後半から。 冬の間も観光は可能で、特に十和田湖で行われる雪祭り「冬物語」が開催される時期が賑わいます。

一番寒い時期:2月には凍り付いた滝や雪化粧の奥入瀬渓流が見られる。

滝:約2.5kmの『滝が多いコース』は玉簾の滝の瀬から始まります。この辺から、銚子大滝までは、遊歩道(奥入瀬渓流)の左右に滝が連なっている。車の車窓からも幾つかの滝が見えるところである。

流れ:約2.5kmの『流れの名所が多いコース』は石ヶ戸の瀬から始まります。下流の焼山から行くと奥入瀬渓流に「三乱の流れ」、「阿修羅の流れ」と言った綺麗な流れがあり、奥入瀬渓流の中程になると左側から「平成の流れ」、「飛金の流れ」、「白銀の流れ」があります。

さらに詳しくは「奥入瀬渓流の歩き方」をご覧ください。

最終更新日:2013年9月3日

トップに戻る

バリアフリー旅行
快適宿泊
健常者と同サービスを受けられる
接客(狭義のサービス)・快適宿泊
立地・快適宿泊
部屋・快適宿泊
設備&アメニティ・快適宿泊
お風呂・快適宿泊
ハンディが使えるお風呂
バリアフリーの宿の自動入浴設備
バリアフリーの宿の入浴補助具
食事・快適宿泊
施設満足度が高い温泉施設全国
施設満足度が高い高級ホテル&旅館全国
人気施設全国
国立公園
国立公園のバリアフリー化
国立公園の自然
国立公園の見どころ&見ごろ
観光地への交通機関
バリアフリー旅行の効用と障壁
バリアフリー旅行の計画方法
バリアフリー旅行の行き先
バリアフリーの宿東日本
バリアフリーの宿西日本
バリアフリーの宿比較
車いすで行く嵯峨嵐山
車いすで行く伊勢志摩
車いすで行くミキモト真珠島
車いすで行くおかげ横丁
車いすで行く奥入瀬渓流
奥入瀬渓流の歩き方
奥入瀬渓流の観光ルート
奥入瀬渓流の観光ベストシーズン
奥入瀬渓流の遊歩道
奥入瀬渓流の滝と流れ
車いすで行く志摩スペイン村
車いすで行く松島
観光地の移動法
観光タクシー
車いすで乗れるロープウェイ
神戸布引ロープウェイ
もいわ山ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
湯沢高原ロープウェイ
貸出し車いす
障害者割引