ハンディのちから アフィリエイト車いすで紅葉を満喫・9月では、障害者や高齢者などのハンディに役立つ、9月が見ごろの車いすで紅葉を満喫できるスポット10か所の見所・バリアフリー・周辺のバリアフリーの宿情報を提供
ハンディのちからバリアフリー旅行国立公園>車いすで紅葉を満喫・9月

車いすで紅葉を満喫・9月

車いすで紅葉を満喫・9月のページでは、障害者や高齢者などのハンディに役立つ、9月が見ごろの車いすで紅葉を満喫できるスポット10か所の見所・バリアフリー・周辺のバリアフリーの宿情報を提供しています。

車いすで紅葉を満喫・地図から探すをクリックすると、トップメニューの見頃別の紅葉スポットの名称をクリックして、地図上で位置を確認して情報を探すことができます。

9月初旬〜9月下旬が見ごろ

利尻礼文サロベツ国立公園の礼文島・中部山岳国立公園の立山室堂平・大雪山国立公園の銀泉台(大雪山・赤岳の登山口にあたる場所でダケカンバ・ナナカマド・ウラシマツツジ)や裾合平や大雪高原温泉では9月初旬〜9月下旬に車いすで紅葉を満喫できます。

利尻礼文サロベツ国立公園の礼文島

利尻礼文サロベツ国立公園の礼文島・礼文島へはハイランドフェリー運行のフェリーでアクセスします。稚内~利尻・礼文航路の礼文島にのみ生息するレブンアツモリソウに因んで命名された「サイプリア宗谷(CYPRIA SOYA)」は客室のインテリアコンセプトとして「心の旅」と「大自然の優しさに目覚める旅」を基本テーマとしてデザインされた心地よい空間を提供する船として建造され、高齢者・身障者のバリアフリー設備として、車輌甲板および旅客乗船口から客室エントランスに、直接移動できるエレベーターを装備しています。

利尻礼文サロベツ国立公園の礼文島付近のバリアフリーの宿はホテルおかべ汐彩亭小さなホテル 燈(あかり)などがあります。

中部山岳国立公園の立山室堂平

○中部山岳国立公園の立山室堂平・車いすの障害者や足の弱い高齢者などのハンディでも黒部ダムやアルペンルート観光はできます。扇沢駅にはエレベータが設置されており、黒部ダム駅では黒部ダムまでのスロープを利用できます。トロリーバスへの乗降りや黒部ダムまでのスロープでの移動は手助けしてもらうこともできます。黒部ダム駅、黒部湖駅では、車いすの貸出も行っています。黒部湖駅から立山駅までの各駅における階段の昇降や乗り物への乗降の際、手助けしてもらうこともできます。

○標高2,450mの室堂平の紅葉はタカネナナカマド、ウラジロナナカマド、ミネカエデ、チングルマが多く、3,000mの立山連峰まで色づきます。みくりが池・みどりが池・地獄谷・雷鳥沢などのの散策コースがあります。

大雪山国立公園の銀泉台

○大雪山国立公園の銀泉台・大雪湖脇の国道273を分岐し、大雪山観光道路(道道162号)を山間に入り、あまり広くない銀泉台の駐車場についても、紅葉なんてほとんど見えません。どうも、さらに歩きでもう少し登らなければならないらしい。

○JR石北線上川駅から道北バス層雲峡行きで30分、層雲峡バスセンターで道北バス銀泉台行き(7~9月のみ運行)に乗り換えて60分、終点下車すぐです。山へ登らなくても、下から綺麗な紅葉を見る事ができます。

○銀泉台への道は、舗装されていない細い道なので秋の土日祝日はマイカー乗り入れ禁止です。

大雪山国立公園の銀泉台付近のバリアフリーの宿は層雲峡温泉層雲峡観光ホテル層雲峡 朝陽亭層雲峡温泉 湯元 銀泉閣などがあります。

9月下旬〜10月初旬が見ごろ

上信越高原国立公園の妙高高原・日光国立公園の那須岳・尾瀬国立公園の尾瀬ケ原(草紅葉)・中部山岳国立公園の上高地や立山・磐梯朝日国立公園の天狗の庭では9月下旬〜10月初旬に車いすで紅葉を満喫できます。

上信越高原国立公園の妙高高原

○上信越高原国立公園の妙高高原・池の平温泉近くのイモリ池一周に所要時間は10分ほどの遊歩道があり、妙高山の紅葉を眺めながらの散策を楽しめます。池を一周する遊歩道はバリヤフリーの整備もされています。いもり池は森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”の中間点にあたります
笹ヶ峰一周歩道をはじめ、紅葉を見ながらのハイキングが楽しめます。平成の名水百選にも選ばれている「宇 棚の清水」やその水が流れ込む清水ヶ 池、金山、焼山を映し出す乙見湖など 豊かな水の宝庫である笹ヶ峰高原を巡ることができます。

現在の妙高市を画像で紹介(ライブカメラ) では市内11ヵ所(地図内の番号の位置)の定点カメラで撮影した画像で現在の妙高市の様子を紹介されています。

上信越高原国立公園の妙高高原付近のバリアフリーの宿は高原の宿 妙高の森などがあります。

日光国立公園の那須岳

○日光国立公園の那須岳・那須岳ロープウエイは車いすで乗れたりといくつかのバリアフリー設備も見られます。車椅子でロープウェイ乗れるか心配していました。車椅子専用駐車場や車椅子トイレもあり、スムーズに乗ることができます。ロープウェイの山頂駅を降りると、そこから40分くらい登山すれば噴火口に到着しますが、車椅子では無理です。しかし、空中散歩中眼下に紅葉を見ることができます。

○那須岳の紅葉は山頂や那須岳ロープウエイから見るほかに、那須岳をほぼ全線から望むことができる、ボルケーノハイウェイから見ることもできます。ボルケーノハイウェイは那須湯本を起点に奥那須温泉郷全長約10.4kmを一周するルートです。正式名称は那須高原有料道路です。

○紅葉する樹種はナナカマド、ダケカンバ、ブナ、ドウダンツツジ、モミジなどです。

日光国立公園の那須岳付近のバリアフリーの宿はホテルグリーンパール那須ホテルエピナール那須などがあります。

尾瀬国立公園の尾瀬ケ原

○尾瀬国立公園の尾瀬ケ原・標高1,591mの鳩待峠から長い下り坂を通過して標高1,400mの山ノ鼻まで3.3km、ブナ林の森の中を行きます。木道が施設され、コースは整備が行き届いているので安心です。尾瀬ヶ原に出ると平坦なコースで木道が施設されていますが、車いすが通れる「ワイド木道」ではないので注意が必要です。

○紅葉する樹種はクサモミジです。

中部山岳国立公園の上高地や立山

○中部山岳国立公園の上高地や立山・上高地の大正池散策は基本的には平坦で整備状況もいいので車いすの利用も可能です。「河童橋」には段差解消のため、横にスロープがついています。

○上高地の紅葉はカツラ、シラカバなどからが始まり、カラマツの黄金色がシーズンの終わりを演出します。大正池や田代池の湖面には木々の紅葉が鮮やかに映ります。山の頂が初冠雪すると、雪の白、カラマツの黄金色、針葉樹の緑という珍しい三段紅葉を眺めることができます。

○大正池と田代池を結ぶ、上高地おすすめの自然研究路は全長1.9km、片道40分です。河童橋から大正池までは2時間程度で往復できます。梓川の流れと焼岳を眺めながら進む「梓川コース」と、森林浴しながら木道を歩く「林間コース」の2コースがあります。

中部山岳国立公園の上高地や立山・上高地付近のバリアフリーの宿は浅間温泉 ホテル玉之湯などがあります。

磐梯朝日国立公園の天狗の庭

○磐梯朝日国立公園の天狗の庭・福島県の高湯温泉と土湯峠を結ぶ有料道路沿いの福島市内が遠望できる「天狗の庭」から、一面に紅葉した木々、雄大な火打山を見ることができます。あまりの美しさに天狗が舞い降りて遊んだという言い伝えから、「天狗の庭」と呼ばれるようになったそうです。

○磐梯吾妻スカイラインの途中には作家・井 上靖が名づけたという、「天狗の庭」をはじめとする吾妻八景が点在。天狗の庭から遠く吾妻小富士を望む紅葉は格別の美しさ。中間点の浄土平で休憩と秋色の散策を楽しめる。浄土平湿原散策路は裏磐梯の吾妻小富士の裾野にある浄土平湿原を楽しめるバリアフリーコースです。駐車場からすぐに湿原に入れます。5月~9月までイソツツジやイワカガミなどの高山植物を観察することができます。車椅子が通れる木道も整備され、障害者や高齢者などのハンディに優しい散策路です。桶沼は新緑とハクサンシャクナゲ咲く夏、紅葉の頃がよい。

浄土平湿原

磐梯朝日国立公園の天狗の庭付近のバリアフリーの宿は土湯温泉 いますや旅館リッチモンドホテル福島駅前などがあります。

9月下旬〜10月中旬が見ごろ

知床国立公園の知床五湖や知床峠や羅臼岳・阿寒国立公園の阿寒湖周辺では9月下旬〜10月中旬に車いすで紅葉を満喫できます。

知床国立公園の知床五湖や知床峠

○知床国立公園の知床五湖や知床峠や羅臼岳・知床五湖に新しい展望台と新木道があり。新木道は旧木道(幅約1.2m)に沿って全長約247mあり、1湖側からの景観が楽しめ、湿地や樹木の景観も楽しめます。2010年春に高架木道は全長約800mなり、1湖湖畔まで行くことができるようになりました。湖に映る知床連山や遙かに広がるオホーツク海など、知床五湖の魅力を感じることができます。高架木道には3ヶ所の展望台が設置されています。湖畔展望台までの往復利用...約40分(往復1.6km)、オコツク展望台までの往復利用...約30分( 往復1.0km)、連山望台までの往復利用...約15分(往復0.5km)

○知床紅葉ウォークは知床半島が世界自然遺産に推薦された2004年から開催され、知床の紅葉を楽しみながらウォーキングするという健康的で目に優しいイベントでございます。出発地点は北海道目梨郡羅臼町本町「道の駅知床・らうす」でゴール地点は北海道斜里郡斜里町岩宇別「知床自然センター」になります。

○羅臼国後展望塔はバリアフリー対応です。入り口や館内の段差にはスロープがあり、身障者用トイレ(内部にはベビーベットも有り)もあり、屋上へ上がる為のリフト(人間だけで車椅子は運べません)もあります。また、貸し出し用車椅子が備え付けられています。
羅臼国後展望塔から、羅臼市街地や羅臼岳を一望できるほかに、眼下に広がる根室海峡を隔て、約30km先の国後島を見ることができます。

知床観光船で海の上から知床連山や名瀑や紅葉を満喫。
車イスの方も乗船できます。但し、乗船口はバリアフリーになっておりますが、船内は階段がありますので、申し訳ございませんが移動はできません。障害者割引は障害者手帳をお持ちで、1種のお客様が適応となります。通常料金の半額となり付き添いの方もお一人様同額となります。

知床国立公園の知床五湖や知床峠や羅臼岳付近のバリアフリーの宿は知床第一ホテル知床プリンスホテル風なみ季ウトロ温泉 ホテル知床などがあります。

阿寒国立公園の阿寒湖

○阿寒国立公園の阿寒湖・阿寒横断道路の双湖台からは原生林に囲まれたパンケトー・ペンケトーを、美幌峠からは屈斜路湖に中島が浮かび遠くに摩周岳などの大パノラマを、小清水峠からは屈斜路湖雲海と阿寒連峰を眺めることができます。

○阿寒湖に行ったら遊覧船を楽しみましょう。遊覧船から眺める、特別天然記念物『阿寒湖のマリモ』展示観察センターをはじめ、滝口と呼ばれる景勝地や、湖上から眺める雄阿寒岳・雌阿寒岳は最高の景色です。
遊覧船の入り口は段差がありますが、数人の船員さんが車椅子ごと持ち上げて丁寧に介助してくれるので、車椅子でも乗船できます。
マリモ生息地、チュウルイ湾の沖合いのチュウルイ島にあるマリモ展示観測センターには、生態展示水槽を用いて、かつて美しい水をたたえていたころの阿寒湖を再現してマリモの貴重さや現状を紹介しています。
マリも展示観測センター内は、スロープも完備され車椅子でも見学できます。

阿寒国立公園の阿寒湖付近のバリアフリーの宿は阿寒湖 あかん遊久の里鶴雅ホテル日航ノースランド帯広などがあります。

最終更新日:2011年09月12日

トップに戻る

バリアフリー旅行
快適宿泊
バリアフリーの宿東日本
バリアフリーの宿西日本
バリアフリーの宿比較
施設満足度が高い温泉施設全国
施設満足度が高い高級ホテル&旅館全国
人気施設全国
国立公園
国立公園の自然
車いすで新緑を満喫
車いすで5月の新緑を満喫
車いすで6月の新緑を満喫
車いすで7月の新緑を満喫
車いすで紅葉を満喫・地図から探す
車いすで紅葉を満喫・9月
車いすで紅葉を満喫・10月
車いすで紅葉を満喫・11月

♪ ♪♪♪♪♪♪♪♪
国立公園の自然1月
国立公園の自然2月
国立公園の自然3月
国立公園の自然4月
国立公園の自然5月
国立公園の自然6月
国立公園の自然7月
国立公園の自然8月
国立公園の自然9月
国立公園の自然10月
国立公園の自然11月
国立公園の自然12月
国立公園の自然・紅葉
国立公園の自然・高山植物
国立公園の自然・水芭蕉
国立公園の自然・シャクナゲ
国立公園の自然・新緑
国立公園の自然・ツツジ
国立公園の自然・ワタスゲ
国立公園の自然・あ行
国立公園の自然・か行
国立公園の自然・さ行
国立公園の自然・た行
国立公園の自然・な行
国立公園の自然・は行
国立公園の自然・ま行
国立公園の自然・や行
国立公園の自然・ら行