ハンディのちから

ミラーレス一眼カメラ

ボディ・新機種動向

Card image

ミラーレス一眼カメラのボディの
2020年発売・2019年発売・2018年発売・
2017年発売・2016年発売などの新機種動向情報

2020年発売

最速0.02秒の超高速オートフォーカス、世界最高速となる約15コマ/秒の超高速メカ連写、5軸・最大6.5段*もの補正性能をもつ新・ボディ内手ブレ補正機構を搭載、写真・映像のプロフェッショナルを満足させるクオリティのX=T4など2機種。

2019年発売

撮像素子は35mmフルサイズで、センサー全域を使った「3:2 6K/24p(5.4K/30p)、16:9 5.9K/30p動画記録」などの⾼解像撮影が可能なプロフェッショナルフルサイズミラーレス一眼カメラのパナソニックの「DC-S1H」など19機種。

2018年発売

一番高額な「DC-GH5S」画素数と撮像素子は高くないが、動画機能を強化したバリエーション機、35mmフルサイズセンサー・ファインダーを搭載しながらも、性能に妥協することなく565gの小型・軽量のα7IIIなど9機種。

2017年発売

一番高額な「GFX 50S」画素数と撮像素子は最高級、世界が変わるプロ向けフラグシップ機、35mmフルサイズセンサー・693点の像面位相差検出AFセンサーを搭載、プロの過酷な撮影現場にも耐えられるα9など9機種。

2016年発売

ミラーレス一眼ボディの価格帯は200,000円以上の高級機が1機種、80,000〜200,000円の中級機が8機種、80,000円以下の入門機が1機種で、高級機の少ない年でした。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.