ハンディのちから

PC

社会参画に必須のPC

Card image

PC(パーソナルコンピュータ)情報:今や情報収集や情報発信欠かせないPC(パーソナルコンピュータ)に関する情報発信

Macパソコン使い勝手

管理人は25年間のパソコン生活の中で18年間Macintoshパソコンを使用しています。アップル社のパソコン・スマートフォン・タブレットを所有し、Macintoshパソコン・iPhone・iPadの連携のメリットが楽しんでいます。GoogleやMicrosoftが狭い範囲で対応していますが、国内パソコンメーカーの対応はないのが現状です。アップル製品の連携の他にマルチディスプレイ・バックアップ・スタート画面・OSなどの使い勝手がよい情報を提供しています。

Macパソコンの性能

障害者やシニアなどのハンディが外部とのコミュニケーションに必要なMacパソコンのうち、MacBook Pro・MacBook Air・i MacのCPU・ディスプレイ・グラフィックス・標準メモリ・ストレージ・充電と拡張性など6項目別仕様について説明しています。Macパソコンは購入時にCPU・グラフィックス・標準メモリ・ストレージの仕様をカスタマイズすることができます。更にパソコンとソフトウェアをアップル社が製造しているのでサポートも充実しています。

Macパソコンの価格

Macパソコンの価格の最大の特徴は、アップル社1社だけが製造しているために値崩れしないことです。国内外の多数のメーカーが製造し、更新が頻繁なWindowsパソコンは新製品が発売されると旧製品は値崩れを始め、約1年もすると半額近くまで値下がりするものもあります。一方、Macパソコンの価格は半年位は値下がりせず、約1年前のMacパソコンでも5〜10%位しか値下がりしません。従って、Macパソコンは値下がりを待つよりも最新製品を購入すべきです。

iMac

アップル社のデスクトップパソコンは、プロ向けMac Pro・標準パソコンiMac・本体だけのMac miniがあります。管理人はMac Proを使い始め、iMacは2度更新しています。2019年7月発売の最新バージョンのiMacは21.5インチと27インチのディスプレイ一体型の各3機種あります。これらの仕様概要(CPU・ディスプレイ・ストレージ・標準メモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格(APLLE・楽天市場・ヨドバシ・ビッグカメラ等)情報を提供しています。

MacBook Air

2020年3月発売の最新バージョンのMacBook Airは6機種あります。MacBook AirはブラウジングやSNSをしたり、YouTubeを見たり、ブログの更新や資料作成するユーザー向きです。CPUを+1万円でデュアルコア→クアッドコアにして持ち運びしやすさと処理性能を両立できます。これらの仕様概要(CPU・ディスプレイ・ストレージ・標準メモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格(APLLE・楽天市場・ヨドバシ・ビッグカメラ等)情報を提供しています。

MacBook Pro

2019年7月発売の16インチモデル(4機種)と2020年5月発売の13インチモデル(8機種)があります。複数のウィンドウを同時表示できるのでマルチタスク作業が多いユーザーは16インチモデル、モバイル性と作業性のどちらも活かしたいユーザーは13インチモデルが選択肢でしょう。これらの仕様概要(CPU・ディスプレイ・ストレージ・標準メモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格(APLLE・楽天市場・ヨドバシ・ビッグカメラ等)情報を提供しています。

ICカードリーダー

ICカードリーダーでは、ICカードリーダーの使い方・iICカードリーダー商品・マイナンバーカードによるオンライン申請などの情報を提供しています。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.