フチがフリル状の原種シクラメン

ガーデニング&園芸

草花

フチがフリル状の原種シクラメン

店頭で探せない草花を楽天市場から紹介中
「原種シクラメン」では、楽天市場内の販売店の上手に育て上げれば何年も生き続け、毎年その花を楽しませてくれる人の改良の手が加えられていない野生の原種シクラメンをより取り見取りご紹介しています。
○人の改良の手が加えられていない野生のシクラメンのことを原種シクラメンと言います。
○原種シクラメンの魅力は小柄で可愛らしいことです。園芸種シクラメンは耐寒性が弱く鉢植えで室内で鑑賞しますが、原種シクラメンは日本の寒さ暑さや病気に強い種類が多く、庭にも適し今までに 無い新しい雰囲気を創りだせます。
○上手に育て上げれば何年も生き続け、毎年その花を楽しませてくれます。

原種シクラメン

○サクラソウ科
○原産地小アジア
○別名カガリビバナ、ブタノマンジュウ
○草丈10cm~25cm
○開花時期:11月~4月。花の色は赤・紫・ピンク・白・2色咲き(パープルピコティ など)などがあり、花びらの縁が細かく波打ちフリル状になる豪華なものなどもあります。
○南向きで日のあたる場所を好みます。
○水やり:葉や花に水がかかると傷んだり腐ってしまいますので先の細いジョウロを使用するか葉を手でよけて水を与えるようにします。
○肥料:9月~翌5月まで2ヶ月に1回の割合で土の表面に化成肥料を施します。1000~2000倍に薄めた液体肥料を1週間に1回の頻度で与えても良い。
○出回り時期:12月〜3月。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.