冬枯れの庭に彩りを添える葉牡丹

ガーデニング&園芸

草花

冬枯れの庭に彩りを添える葉牡丹

店頭で探せない草花を楽天市場から紹介中

葉牡丹

冬枯れの庭に彩りを添えてくれる数少ない貴重な素材として、かつては大株を花壇や鉢に植えつけて楽しむのが主流でしたが、矮化剤の利用や品種改良により小型化が進み、3号程度のビニールポットで小さく仕立てられたものが主流になっています。2年目移行は分枝するので、分枝した姿を「踊りハボタン」として楽しむこともできます。
○あぶらな科.多年草.欧州原産
○キャベツと共通の母種から作り出された栽培変種。品種改良され観賞用となった
○鑑賞期間:11月〜3月 ○植付け期間:5月〜9月 ○高さ20~60センチ
○茎は著しく短縮して太く、白粉を帯びた幅広い葉が密につく.葉は広倒卵形で縁がちりめん状にちぢれるか、またはちぢれない丸葉もある
○正月の生花や、冬の花壇に使われる
○二年草・多年草で、耐寒性は普通・耐暑性は強い。 ○入手可能時期:11月〜2月頃。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.