ハンディのちから

ガーデニング&園芸

観葉植物・購入

観葉植物を購入する

「観葉植物の選び方」では、 観葉植物の選ぶときに考慮すべき、観葉植物の葉の形状・大きさ・茂り方、観葉植物の仕立て方、幹や根の形状、観葉植物の全高や全幅、観葉植物の置き場所、冬越の最低温度、売れ筋観葉植物に関する情報を提供しています。そこで、観葉植物の選び方を知っておくと、あなたの環境に合い、長い期間楽しむことができる観葉植物を購入することができます。

観葉植物を買う場所を決める

観葉植物を買うために、園芸専門店やホームセンターなどの店頭に行く、またはインターネットショップの観葉植物のページを閲覧する、インテリア専門店・雑貨屋へ行く、100円均一ショップ行くなどの方法があります。

園芸専門店

ショッピングモールに行ったときに、園芸専門店があると、特別にこれを購入するという目的がなくてもついつい足が向いてしまします。
そんなときに、まず第一に品揃えと価格を見ます。一般的に園芸専門店は品揃えが少なくと価格設定が高いと言われています。それでも、店舗内を見て回っている間に、意外な掘り出し物に出会うときもあります。品種名も記載されていない植物が販売されていることもあります。そんなときには、店員さんにいくつかの質問をして、的確な返事があれば購入します。
その理由は、「園芸専門店は生育環境に詳しいスタッフが多いのも魅力」を活かせていれば購入すると言うことです。

ホームセンター

一度は観葉植物を買う過程でチェックしておきたいのがホームセンターです。
ホームセンターは園芸専門店に比べて種類も豊富です。しかし、ホームセンターに陳列されている観葉植物もある程度数が売れる品種に限定され、通販でしか購入できないレア物は無いと考えるべきです。
ホームセンターのなかでも、園芸店から発展したホームセンターと園芸エリアはあるが日用品を中心に扱っているホームセンターの系統があります。前者のホームセンターは専門的なアドバイスも受けやすいですが、後者のホームセンターは専門の知識を持つスタッフがおらず、管理が甘い場合もあります。店舗によっても異なるため、園芸に詳しい専門スタッフがいるのかどうかを確認することも大切です。
インテリア性を求めて自分のスタイルで飾りた場合、ワンストップショピングで、鉢を変えてもらったり、鉢カバーを追加購入したりすることができるのもメリットの一つでしょう。

インターネット通販

観葉植物もインターネットショップから購入することもできます。そのメリットは、何よりも種類の多さと比較が容易なことです。ある程度数が売れる品種に限定されている実店舗では買えず、通販でしか購入できないレア物も買えます。
大きな問題は現物を確認できるタイミングです。店頭であれば当然現物で確認できますが、インターネットショップでは画像でしか確認できません。特に画像の解像度など現物とデバイスの違いは生じますので、当然到着に思っていたものと違ったという場合も出てきます。配送中に温度変化やゆれの影響で傷んでしまう可能性も考えられます。
管理人は最初は少額の買い物をして、信頼できるインターネットショップを数店舗探しだして買い物をしています。一度こんなこともありました。1鉢が送料いれて6,000円の買い物でしたが、非常に悪い状態で届きましたので、無償で交換してもらいました。

100円均一ショップ

比較的価格の安い観葉植物を取り扱っており、インテリア性を重視するのが雑貨店です。
近年、100円均一ショップでもミニタイプの観葉植物が扱われています。手ごろなお値段だからと気楽に購入する人も少なくないようです。雑貨店同様に、植物の管理が行き届いていない場合が多いです。管理人は先日ある100円均一ショップでチランジアを購入しました。購入の動機はつぎのとおりです。
1.タグに品種が明記されていた。
2.管理人はインターネットショップで1株800〜3000円で購入しています。ここでは1株100円です。株の大きさはインターネットショップの1/3くらいです。この株を何年で大株に育てられるか試してみたくなったからです。

買う前にするべきこと

インテリア雑貨と同じではなく、観葉植物は生きている植物ですので、育てていかなければなりません。美しいグリーンの姿を保つには、しっかりとした管理が必要となります。購入をする場合、どんな品種の観葉植物が欲しいのか、どんな大きさで、何処に置いて育てるのか、慎重に検討するべきです。
店内には大小さまざまな観葉植物が置かれていてどれにしようか結構迷います。なにを基準に選べばいいのか悩んだ経験をお持ちではないでしょうか。 管理人は基本的に買う観葉植物を決めてから、購入のステップに入ります。しかし、店舗内を見て回っている間に、意外な掘り出し物に出会うときもあります。しかし、そのときも衝動買いをするのではなく、持ち歩いている「iPad」を使い、その場でその観葉植物のプロフィールを確認して、購入の判断をしています。
観葉植物にも、育つ環境が異なる品種があり、日陰でも育つもの、寒さに弱いもの、乾燥にも耐えるものものなどさまざまです。管理の手間を考え、育てる場所に適した育てやすいものを選択しましょう。そのうえで、好きな幹の形や葉の形、サイズなどの種類を選んでいきましょう。  

観葉植物の選び方

観葉植物の選び方の基本は、葉の形(大きさ)・葉の色・葉の模様(斑)などの「好み」と自分の家の「環境」に合うものを選ぶことが大切です。 観葉植物とはその名のとおり、葉を観る植物です。
その葉の形(大きさ)は手のひらほどの大きさからグリーンピースほどの大きさまで、葉の色は緑・黄緑・白・赤・紫など、葉の模様(斑)は切り込みや葉脈など千差万別です。葉を観る植物である以上、この点はあなたの好みに合わせて選ぶべきでしょう。
自分の家の「環境」は観葉植物が元気に生長するための必須の条件です。家の中であっても、観葉植物を置けるスペース、湿気のある場所や乾燥しやすい場所、日の当たる場所、日の当たらない場所など、条件が変わってきます。その場所に適さない観葉植物を購入した場合、枯れたり生長しないなど、みずみずしい緑あふれる葉の美しさを楽しむことができません。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.