ハンディのちから

ガーデニング&園芸

観葉植物・栽培

観葉植物の育て方

観葉植物をインテリアと考えて、観葉植物のある生活を楽しもうと思っておられる方は多いと思います。しかし、観葉植物は造花などと異なり生き物です。何も世話をしないと、枯れてしまったり、元気がなくなってしまったりします。生き物である観葉植物を上手に育てるには、おさえておくべきポイントあります。注意するべきことを守ってあげると、いつまでも楽しめるのも観葉植物です。

観葉植物の置き場

日差し

置き場所を移動するなどの対策をして、観葉植物が必要とする日光の量と風通しに応じた育て方をしましょう。
観葉植物は日光を好む植物ですが、品種により日陰にも耐える観葉植物もあります。このページでは、日向を好む観葉植物・弱日向を好む観葉植物・日陰でも育つ観葉植物に分けて育て方を考えています。
日光を浴びる加減や時間は、品種や季節によって異なります。弱日向を好む観葉植物を真夏の直射日光に当てると、葉焼けしてしまいますので、適当な遮光をする必要があります。逆に、日陰でも育つ観葉植物を長期間蛍光灯や白熱灯の下に置くと、徒長したり、葉が落ちますので、多間には弱日向へ移動させましょう。

風通し

風通しに気を配ることです。観葉植物に向いているのは、ジメジメしない乾燥した環境です。定期的に室内の換気をするなどして、空気の通りを良くしましょう。風通しを良くすることで雑菌が繁殖することを防ぎ、大切な根を健康なまま保つのに役立ちます。また、害虫を防ぐ効果も期待できます。

温度管理

観葉植物の冬越温度は、0℃〜10℃です。従って、関東地方より北の地域では冬期は屋内に取り込んで育てます。
気温0℃でも耐えられるような品種は霜にさえ気をつければ、年間を通してベランダなどの屋外で育てることが出来ます。マンションにお住まいの方が育てることができます。具体的にはオリーブやユッカ、ワイヤープランツなどの品種があります。これらは乾燥にも低温にも耐えてくれる強い観葉植物なのです。
低温に弱い冬越温度が8℃〜10℃観葉植物は、気温が10℃を下回ると弱って最悪の場合枯れてしまいます。サンスベリア、スパティフィラム、マッサンゲアナなどは、基本的に冬は室内で栽培し、気温が低くなり過ぎないように、朝晩は気温差にも注意が必要です。管理人の経験では、サンスベリアは玄関はもちろん、暖房のない部屋においても根から弱り始めます。          
  

観葉植物の水やり

観葉植物を育てる上で、とても大切なのが水やりです。誤った水のやり方が、観葉植物を枯らす一番の原因です。観葉植物が枯れる原因の多くは水のやり過ぎです。特に冬場の水のやり過ぎです。
1.観葉植物にも、乾燥に強いタイプと弱いタイプがあります。一般的に見て、多肉系の観葉植物は乾燥に強いタイプです。管理人はアロエを玄関で冬越させていますが、12月から3月の間は一度も水やりしません。逆にこの間に水やりすると、根腐れを起こします。
2.休眠期である冬は、さらに水を控えるようにします。月1〜2回ほど暖かい日の昼間に水を与えます。
「葉が落ちる」という声を聞くことがありますが、葉が落ちる主な原因は、日照不足と水のやり過ぎによる根腐れによるものが多いのです。 特に、夏から秋にかけての期間がもっとも葉が落ちやすいと言われています。 気温が低下や短い日照時間が無視した、水のやり過ぎが原因です。夏から秋に変わる9月~10月は、土が乾いてから水をやるまでの期間を、さらに空けるようにします。
3.水やりをするときは、鉢の底から水が流れ出てくるぐらい、たっぷりと与えます。たくさんの水を一気に与えることで、土の中の古い空気を押し出し、新鮮な空気に入れ替えることができるからです。
4.土の中が、古い空気のままでいると、根腐れをおこす原因になります。受け皿をしている場合は、溢れ出た水が溜まるので、必ず捨てましょう。
5.生き生きとした葉を茂らすため、葉っぱに潤いを与える必要があります。葉っぱや茎に適度な葉水を与えます。葉水には病害虫を防ぐ効果もあるので、エアコンのきいた室内では効果があります。  

観葉植物の肥料

生育期にあたる4月~7月と9月~11月の間に、2カ月に1回の頻度で固形の肥料を置き肥するか、 または薄めた液体肥料を10日~15日に1回、水やり代わりに与えます。 真夏と12月~3月の期間は植物はあまり肥料を欲しないので控えます。

観葉植物の剪定

大きくなり過ぎた金のなる木の株は先端が垂れてきたりして樹形が乱れてきますので、剪定して、樹形を整えます。 葉や枝が混みあっている部分も剪定した風通しをよくするとよいです。剪定の適期は4月~6月の間に剪定するのがおすすめです。剪定の手順は以下の通りです。
1. 最終的な樹形をイメージし、切り落とす部分を決める
2. 芽や枝が出ているところを確認し、そこから数ミリ上を切り落とす
3. 最後に、混みあってる部分の枝を切って整理する
3~5年以上育てて大株となった観葉植物は、11月~2月に花を咲かせるものがあります。 剪定が遅いと、この花芽を切ってしまう恐れがあります。 また、冬に剪定すると枝枯れを起こしてしまう事もあります。

観葉植物の植替え

観葉植物の根っこも少しずつ成長しています。植物は根が成長して初めて茎や葉も大きくなる事が出来ます。根の他に、ゴムの木やモンステラは茎から気根がたくさん出てきます。サンセベリアをスリット鉢に植えておくと、スリットを突き抜けて新芽が飛び出しています。
植木鉢の中が徐々に根でいっぱいになると根詰まりが起こり、様々な異常が起き始めます。 目安は鉢底の穴から根が出始めたら行き場を探していますので、一回り大きな鉢に入れてあげます。 時期は梅雨前が最適と言われています。冬と夏は避けるようにします。植替えた後は半日陰の風が当たらない場所でゆっくり休ませます。
  

観葉植物の病害虫

観葉植物がかかる病気はたくさんあり、症状も様々です。あらかじめ対策をたてておけば、健康に育てることはそれほどむずかしいことではありません。 万が一病気になったとしても発生初期なら適切な処置によって回復するケースもあります。
植物からのサインを見過ごさないために、日頃から状態をチェックしておきます。品種ごとの病害虫に付いては品種ごとの育て方を参照してください。
観葉植物のなかには全く病害虫の心配がないものもあります。管理人は30年以上に渡って金のなる木を育てていますが、一度も消毒したことがありません。植物を育てて一番の問題となる病害虫対策ですが、金のなる木の場合、かかりやすい病害虫は特にないので、心配する必要はありません。このことが金のなる木が育てやすいと言われている大きな理由です。
  

品種ごとの育て方

観葉植物も品種ごとに、欲する日差しの強さや耐寒性が異なりますので、購入先から管理マニュアルを入手できればそれに従ってください。以下に管理人が経験した品種ごとの育て方はつぎのとおりです。    
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.