12月~翌年1月に開花する遅咲き品種の寒菊

ガーデニング&園芸

12月~翌年1月に開花する遅咲き品種の寒菊

店頭で探せない草花を楽天市場から紹介中

寒菊

○菊(キク)にはたくさんの品種がありますが、春咲き・寒菊・秋菊・寒菊など開花期によって分けられますが、寒菊とは、12月~翌年1月に花が咲く遅咲き品種です。
○寒菊は日が短くなると花芽をつける短日性植物です。
○開花:12~翌年1月
○耐寒性:強(-10℃)。
○花色はピンク、黄、白、赤、橙、複色があります。
○咲き方:寒咲きダリア菊、寒咲き大輪、寒咲き小菊、寒咲きスプレー菊、寒咲き八重小菊、寒咲き変わり菊、寒咲きポンポン菊があります。
○樹高:約30~60cm

寒菊

○花の大きさは、花径18cm以上の大菊、9cm以下の小菊、その間の中菊があります。
○日照条件:日当たりと水はけの良い所を好みます。
○水やり:水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
○施肥:1ヶ月に1回、緩効性肥料を与えるか、1週間に1回、液肥を開花前まで与えます。
○用土:鉢植えの場合、「赤玉土(小粒)5・腐葉土5」ぐらいと緩効性の元肥をブレンド、花壇の場合は腐葉土と牛ふんなどをブレンド。
○病害虫:鉢植えの場合は、乾燥してハダニがつきやすくなります。ハダニ用の消毒薬を半月に1回は撒きます。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.