ミラーレス一眼カメラ

光学ズーム・レンズキット

光学ズーム・ミラーレス一眼カメラ

光学ズームの選び方

ご紹介しているミラーレス一眼カメラ(レンズキット)の光学ズームは単焦点レンズから10.7倍です。撮像素子はFLS(35mmフルサイズ)・ニコンDXフォーマット・4/3型(フォーサーズ)・APSの4種類で、レンズキットには、中判はありません。

標準ズームレンズ付属

ミラーレス一眼カメラ(レンズキット)のなかで最もメジャーなものが標準ズームレンズが付属するレンズキット、またひとつのレンズで広角から望遠までをカバーする高倍率ズームレンズキットもあります。
標準ズームレンズが付属するレンズキットは、小型でシンプルな標準ズームレンズが付属します。標準ズームレンズは35mm換算で焦点距離が50mmのズームレンズを言います。つまり、35mmフルサイズは50mmそのまま、APS-Cでは33mm(キャノンの場合31mm)、マイクロフォーサーズは25mm近辺です。
軽量性を重視したいという人におすすめのレンズキットです。特にミラーレスカメラの場合、15mmとかなり広角まで対応できるので風景やインテリアの撮影ができる特徴があります。

高倍率ズームレンズ付属

高倍率ズームレンズキットは、基本的にはこのレンズキットが最もおすすめで、特に本格派志向の人におすすめです。標準ズームレンズと比べると少し大きくて重いですが、望遠まで撮影できます。このレンズだとこれ1本だけで近くのものから遠くのものまで撮れるので、レンズ交換の手間が省けます。この利便性はほかのレンズではカバーするのが難しいので、末永く付き合えるレンズです。

単焦点レンズ付属

「単焦点レンズ」は、ズームレンズと異なり、焦点距離の幅を持たないレンズです。単焦点レンズレンズキットのおすすめシーンは、絞りとなるF値を低く設定することで表現できる「ボケ味を出した撮影」・より高画質を求める撮影・撮影テクニックを向上させる撮影などに有効です。
単焦点レンズは画角が完全に固定されていることから、焦点距離から選ぶという選択肢を行うこともできます。
  • 広角域(14mm、20mm、24mmなど):風景写真などを撮影される方におすすめ
  • 標準域(35mm、50mmなど):スナップ写真や物の撮影におすすめ
  • 中望遠域(85mm、105mm、135mmなど):ポートレート撮影におすすめ
  • 望遠域(300mm、400mmなど):飛行機の撮影などズームレンズよりも優れた解像力を誇ることで選ばれる

標準ズームレンズ付属


高倍率ズームレンズ付属


単焦点レンズ付属


開放F値固定ズームレンズ付属

レンズキットの
光学ズーム

「2201」は2022年1月を表す
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.