ハンディのちから

PC

動作環境・特定給付金電子申請

「動作環境・特定給付金電子申請」では、新型コロナウィルス特定給付金電子申請を行うときに必要なOS/Webブラウザについて説明しています。以下のうち、いずれかのOS(オペレーティングシステム)、Webブラウザの組み合わせが必要です。それ以外のOS/Webブラウザでは申請できません。
しかし、この条件を見ると少しく問題があります。Windowsユーザーは、Windows 8.1がリリースされた2013年10月18日以降、つまり7年前までのハードウェアが使えます。しかし、毎年更新されるMac OS Xの最新版を使われているMacユーザーは、2016年9月から2019年9月の3年間しか使えないことになります。動作確認されているMac OSはMac OS X v10.12 Sierra(2016年9月21日にリリース)・OS X v10.13 High Sierra(2017年9月25日にリリース)・OS X v10.14Mojave(2018年9月25日にリリース)のみです。2019年10月7日にはv10.15Catalinaがリリースされていますが、特定給付金電子申請に使用することはできません。

OS/Webブラウザ

以下のうち、いずれかのOS(オペレーティングシステム)、Webブラウザの組み合わせが必要です。  
# Webブラウザ OS
1 Internet Explorer 11.0 Windows 8.1 / Windows 10(CreatorsUpdate以降のバージョンが必要)
2 Microsoft Edge 40以降 Windows 8.1 / Windows 10(CreatorsUpdate以降のバージョンが必要)
4 Chrome 61以降 Windows 8.1 / Windows 10(CreatorsUpdate以降のバージョンが必要)
4 Chrome 63以降 macOS 10.12 Sierra・macOS 10.13 High Sierra・macOS 10.14 Mojave
5 Safari 12.0以降 macOS 10.12 Sierra・macOS 10.13 High Sierra・macOS 10.14 Mojave

その他の必要なアプリ

PDF形式のファイルを参照するためには、Adobe Readerのインストールが必要です。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.