ハンディのちから

PC

電子(オンライン)申請

10万円特定給付金の電子(オンライン)申請は成功したか否かの記事がしばしば見られますが、これからの社会に合わせると成功させなければなりません。マイナポータルを介したオンライン申請について、金融機関の入力漏れ・世帯の人数誤り・ダブル申請・連絡先の入力漏れなどが相次ぎ、こんな議論が起こっています。設計者・申請者・運用者の三者が適切な仕事をすることが成功の鍵です。三者に必要な主な対策はつぎのとおりでしょう。
  • 設計者(政府):ログイン方式・申請書作成中に照合・誤入力警告
  • 申請者(国民):申請に使うデバイスの適切な操作
  • 運用者(行政):住民基本台帳とのデジタル照合・申請者(国民)の教育訓練
ここでは、申請者が申請に使うデバイスを適切な使用するためのポイントについて解説します。

電子申請に馴染む

電子(オンライン)申請にはマイナンバーカードが必要ですが、実際はマイナンバーカードだけで電子(オンライン)申請を完結できません。電子署名付きのマイナンバーカードを持っていても、申請に使うデバイスの操作をできない人は相当います。実際の電子(オンライン)申請で、マイナンバーカード以外に用意するものは情報とデバイスがいくつもある他に、それらを作成したり操作する知識が必要です。この問題を解決しないと電子(オンライン)申請の推進は前進しないでしょう。あなたは、OS・ブラウザ・アプリ・ダウンロード・インストール・アップロードなどの意味をご存知で、操作できますか!日頃からこの程度の勉強はしておきましょう。

電子申請の準備作業(I)

電子(オンライン)申請をするには準備作業が必要です。パソコンなどのデバイス上で行う準備作業の内容はOSの種類・バージョン、ブラウザの種類・バージョン、必要なアプリのインストールがり、それ以外にマイナンバーカードの準備、署名用電子証明書の暗証番号とロックされていないことの確認、ICカードリーダーライターの接続があります。OSの種類・バージョン、ブラウザの種類・バージョンが適合しない場合、あなた自身でアップロードやダウンロードしてから始めましょう。
必要なアプリは最新版か否か確認し、2回目以降の電子(オンライン)申請でも必要ならバージョンアップを行いましょう。

電子申請の準備作業(II)

電子(オンライン)申請をするためのデバイスが必要とするOSの種類・バージョン、ブラウザの種類・バージョンなどのをご案内しています。

e-tax申請デバイズ要件


給付金申請デバイズ要件


千葉市申請デバイズ要件


電子申請ブラウザ必要要件

電子(オンライン)申請(I)

電子申請中で注意すべきポイントは申請者情報の入力・エビデンス情報のアップロード(登録)・入力漏れの確認です。申請者情報の入力は手動入力を使わずにマイナンバーカードの登録内容を読み取りましょう。ここで重要なことが、読み込まれた住所と現住所が一致していることを確認することです。もし一致していなかった場合、電子署名照明はロックされています。エビデンス情報のアップロードは使用可能なファイルを拡張子で確認し、適正サイズのファイルを指定されている方法でアップロード(登録)します。10万円特定給付金の電子申請で多発した金融機関や連絡先の入力漏れはつぎのステップに進む前にもう一度確認しましょう。

電子(オンライン)申請(II)

電子(オンライン)申請をするために必要なWindowsOS・MacintoshOS・必須な知識・ICカードリーダーをご案内しています。

使えるWindows OS


使えるMacintosh OS


電子申請に必須な知識


ICカードリーダー

電子申請完了の確認

最後に重要なことがあります。それは電子申請完了の確認です。今回もこれができずに同一人物が数回も申請し、トラブルを起こしています。電子申請書の作成が完了すると、送信ボタンがある送信画面が表示され、送信が完了すると送信完了画面が表示されますので、この画面をプリントしたり、保存しておきましょう。仕組みを知っていれば、不安がることはありません。また、ほとんどの場合、申請完了メールも届きます。型の3種類、ノートではプロ用と普及版が2種類の計5種類のシンプルなラインアップとなっています。それぞれのジャンルを1機種でカバーできる魅力的な機種ばかりとなっています。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.