Macノートパソコン

今すすめのMacノートパソコン情報はこれだ!

MacBook Air

MacBook Airの最新モデルは2020年11月に発売され、3つのカラー違いも含め2機種6タイプあります。値下がりしている2020年03月モデル(3つのカラー違いも含め2機種6タイプ)も購入することができます。
最新モデルは13.3インチディスプレイ・8GBメインメモリ・SSDストレージは変わりませんが、CPU/GPUが大きくアップグレードされています。つまり、従来のIntelの1.1GHz 4Core i5からApple M1チップ 8C/8Gへ、Intelの1.1GHz 2Core i3からApple M1チップ 8C/87へ。
あなたが最適なノートパソコンを選択するために必要な仕様概要(CPU/GPU・ディスプレイ・ストレージ・メインメモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格情報を提供しています。

MacBook Pro 13インチ

MacBook Pro 13インチの最新モデルは2020年11月に発売され、2つのカラー違いも含め2機種4タイプあります。さらに2020年5月発売モデル(2つのカラー違いも含め2機種8タイプ)、2019年7月発売モデル(2つのカラー違いも含め2機種8タイプ)もご紹介しています。
最新モデルは13.3インチディスプレイ・8GBメインメモリ・SSDストレージは変わりませんが、CPU/GPUが大きくアップグレードされています。つまり、従来のIntelの1.4GHz 4Core i5・2.0GHz 4Core i5からApple M1チップ 8C/8Gへ。
あなたが最適なノートパソコンを選択するために必要な仕様概要(CPU/GPU・ディスプレイ・ストレージ・メインメモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格情報を提供しています。

MacBook Pro 14インチ

2021年10月に初めて発売の最新モデルをご紹介しています。
仕様の違いで2機種・カラーの違いで2機種の4機種から選択する事ができます。
仕様の違いは、M1 ProチップのCPU/GPUのコア数とストレージ容量の違いで、メモリとディスプレイは同じです。カラーはスペースグレイとシルバーがあります。
ディスプレイは14.2インチ(対角)Liquid Retina XDRディスプレイ、3,024 x 1,964ピクセル標準解像度、254ppiです。
メモリは16GBユニファイドメモリです
macOSは世界で最も進んだデスクトップOSです。macOS Montereyにはパワフルな新機能が加わりました。
あなたが最適なノートパソコンを選択するために必要な仕様概要(CPU/GPU・ディスプレイ・ストレージ・メインメモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格情報を提供しています。

MacBook Pro 16インチ

2021年10月発売の最新モデルをご紹介しています。
仕様の違いで3機種・カラーの違いで2機種の6機種から選択する事ができます。
仕様の違いは、M1 ProチップとM1 Maxチップ・メモリ・ストレージ容量の違いで、ディスプレイは同じです。カラーはスペースグレイとシルバーがあります。
MacBook Pro 16インチは2019年11月に発売されました。CPUは2.6GHz 6Core i7・2.3GHz 8Core i9です。ディスプレイ解像度は16インチ3072x1920です。メモリは同じで、それぞれ16GBです。ストレージは512GB SSD・1TB SSDです。グラフィックスはAMD Radeon Pro 5300M・AMD Radeon Pro 5500Mです。
あなたが最適なノートパソコンを選択するために必要な仕様概要(CPU/GPU・ディスプレイ・ストレージ・メインメモリ・グラフィックス・充電と拡張性)と価格情報を提供しています。

Macノートパソコン

アップルのノートパソコンはMacBook Air(12機種)・MacBook Pro 13インチ(20機種)・MacBook Pro 14インチ(4機種)・MacBook Pro 16インチ(10機種)の39機種が販売されています。
Macノートパソコンシリーズで最軽量のMacbook Airの新型モデルは、2019年モデルやMacbook Proと比較して、価格も安くコスパがよくて、カバンやリュックサックにもすっぽり収まるコンパクトサイズなので、持ち運び用の汎用ノートパソコンを求めている方に最適なモデルといえます。ネット閲覧、アプリ、メール、SNS、YouTubeなど一般的な作業におすすめで、バッテリー持ちは一番長く、外出先での使用には最適です。
MacBook Pro 13インチとMacbook Airは、大きさやスペック、価格帯も近いため迷いがちですが、大きく異なる点は以下の3つです。
  • Macbook Proの方が処理速度の性能を表す「CPU」とグラフィック性能を表す「GPU」が高く、Macbook Airよりも長時間・高負荷の動画編集やグラフィック作業がしやすい。
  • Macbook Airにはアプリケーションによってディスプレイに表示される内容が変化する「Touch Bar」がないので、Touch Bar機能がほしい場合には、Macbook Proを選ぶ必要があります。
MacBook Pro 13インチはハイアマチュアレベルの作業が可能で、CPUの処理能力も高く、マルチタスクが必要なミドルユーザー向けです。 画像編集にも十分ですが、高いグラフィック能力を必要な作業には少し厳しく、MacBook Pro 16インチが選択肢になるでしょう。
MacBook Pro 14インチはAplle M1 ProチップやミニLEDを搭載し、現在のiPhoneやiPadのようなフラットエッジデザインになる。MacBook Proは前世代比でCPU速度は最大70%アップしたほか、さらなる高性能化が果たされました。
MacBook製品としては、初めてミニLEDバックライトを用いたLiquid Retina XDRディスプレイが採用されました。先行してミニLEDを採用したM1 12.9インチiPad Proの延長上にあり、同じく最大120HzのProMotion(可変リフレッシュレート)を実現しています。
MacBook Pro 16インチは開発者、フォトグラファー、フィルムメーカー、科学者、音楽プロデューサー、そして人生で最高の作品を作ることにおいてMacに頼るすべての人のためにデザインされた、世界最高のプロ向けノートブックです。すべてが新しいMacBook Proは鮮やかな16インチのRetinaディスプレイ、最新の8コアプロセッサ、最大64GB(デフォルト16GB)のメモリ、最大8GBのVRAMを搭載する次世代のグラフィックス、そして新しい高度なサーマルデザインを特長とし、これまでで最もパワフルなMacBook Proとなります。macOS Catalinaの新機能であるSidecarを使うと、iPadを第二のディスプレイとして使ったり、Apple Pencilを使って高精細タブレット入力デバイスとして使うことができます。

ディスプレイ

ディスプレイが、ユーザーが重視すべきMacの性能上位なのは、ディスプレイが大きいと多くの情報を一度に表示することができ、情報の視認性が高まるからです。ディスプレイが小さいよりも大きい方が、1つよりも複数のほうが、効率と生産性が大きく高まることが確認されています。私の実体験としても、小さなディスプレイで操作するよりも、大きなディスプレイで操作するほうが楽だし、余計な操作が少なくて済むという実感があます。
また、Macの場合、Apple製の「Retina Display」というディスプレイは、非常に高精細できれいな表示ができるので、クリエイターには最適であります。
管理人がディスプレイの大きさにこだわる使い方を紹介します。
  • Adobeオンライン講座を視聴するときに、ブラウザと当該アプリケーションの2〜3画面を表示
  • Adobe Dreamweaver・illustrator・Photoshopの2〜3画面を表示
  • Safari・Fireworksの2〜3画面を表示

ディスプレイの画面サイズ

Macbook AirとMacBook Pro 13インチの本体サイズは30.41cmX21.24cm、MacBook Pro 16インチが35.79cmX24.59cmです。A4(21.0cmX29.7cm)を実寸サイズで並べると、ワークスペースを含むと62cmX36.0cmくらいになります。

ディスプレイの画面解像度

Macbook AirとMacBook Pro 13インチのディスプレイの画面解像度は2,560x1,600、MacBook Pro 16インチが3072x1,920です。

非RetinaとRetinaの違い

Macbook AirとMacBook Pro 13・MacBook Pro 16インチがRetinaディスプレイです。フルHD(非Retina)と4K/5K(Retina)ディスプレイの画質の差は歴然です。非RetinaのiMacはドットが目視できるので文字が粗くなります。Retinaディスプレイならドットを目視できなくらい高精細に表示できるので目に優しく長時間作業しても疲れにくいのです。

CPU・GPU

CPU

Macbook AirとMacBook Pro 13・MacBook Pro 16インチによってCPU・GPUの性能が異なります。モデルによってCPUのコア数も異なります。
CPUコア数が2つ(2020年3月Macbook Air下位機種)だとデザイン製作ソフトや動画編集ソフトの動作速度が遅く、クリエイティブな作業をするにはきついので、4コアCPU(2020年3月Macbook Air上位機種・2019年7月Macbook Pro 13インチ・2020年5月Macbook Pro 13インチ)や6コアCPU(2019年11月Macbook Pro 16インチ下位機種)・Apple M1チップ 8CPU/8GPUを搭載の2020年11月Macbook Air・2020年11月Macbook Macbook Pro 13インチのMacノートパソコンがおすすめです。
8コアCPU(2019年11月Macbook Pro 16インチ上位機種)はさらに高度なクリエイティブな作業が可能です。

GPU

GPUは、パソコンが計算したものを映像として出力するときの処理を行う、映像専用のプロセッサです。GPUは処理できる計算方法が限られているプロセッサで、シンプルな計算を大量のコアで並列的に処理することができます。
現代のパソコンではCPUの性能差よりも、GPUの性能差のほうが、パソコン全体のスピードを左右しやすいと言われています。2020年11月以前発売のMacbook AirとMacBook Pro 13のGPUはCPU内蔵型のIntelIris Plus Graphicsなのでデザイン制作や動画編集に使うには厳しいです。
MacBook Pro 16インチはAMD Radeon Pro 5300(4GB GDDR6)・AMD Radeon Pro 5500(4GB GDDR6)を搭載していますので、最高の作品を作ることにおいてMacに頼るすべての人のために最適なMacノートパソコンです。
同じApple M1チップを搭載したMacBook ProとMacBook Airが2020年11月に発売されました。しかし、ファンやTouch Barの有無などの違いが設けられている点もあることから、ユーザーはどちらを購入するべきか自分の目的に合う機種を選択するべきでしょう。

メモリ(RAM)

Macノートパソコンのメインメモリは8GBと16GBです。16GBはMacBook Pro 16インチとMacBook Pro 13インチのMWP○○J/Aシリーズのみで、その他はすべて8GBです。MacノートパソコンはSSDストレージを搭載していますので、8GBのメインメモリでもそこそこ快適に動作します。
ただ、管理人の体験から、Adobeのアプリケーションの起動は8GBでは遅く、アプリケーションを起動し切り替えて作業するとモタつくので、必須のメモリ容量は最低16GBと考えるので、メモリはワンランク上に増設しておいた方がいいでしょう。
メモリ(RAM)は、通電している時だけ情報を記憶できる装置で、情報の出し入れがめちゃくちゃ早いという特徴があり、アプリケーションの命令に応じて素早く情報を出し入れする。メモリが重要なのは、メモリの容量の大小によって操作のスピードが大きく変わるからです。
パソコンでは、ストレージ(HDDやSSD)に情報を保存するようになっている。ところが、このストレージ(特にHDD)は、情報を出し入れするスピードがとても遅い。アプリケーションは1つの操作に対して無数の情報を出し入れする必要があり、これをストレージで行うとパソコンが遅くなってしまう。そこで、パソコンにメモリは必須の装置なのでなのです。
特に、クリエイターが使用するアプリケーションでは、グラフィックス・写真・映像・編集作業など、膨大な情報と操作が必要となることが多いので、メモリの容量が少ないと、高性能なCPU・GPUを搭載しても、高性能を活かすことができなくなります。

ストレージ

Macノートパソコンのストレージは128GB・256GB・512GB・1TBのSSDです。パソコンに必要最低限の情報だけを保存し、過去の情報やバックアップは外部ストレージに保存しておく仕組みを実現すれば、Macノートパソコンのストレージをデフォルトで問題ないでしょう。
ストレージは通電しなくても情報を保存できる装置のことで、HDDとSSDが一般的です。仕事で重要な情報を扱うことが多い人は、1つのパソコンが壊れただけで、全ての情報にアクセスできなくならないようにするために、情報のバックアップを保存しておくことが重要です。そのためには外部ストレージを導入するのがもっとも良く、扱う情報量が小さいのであれば、クラウド上で情報を保存してくれるサービスが簡単で安価で安全で最適です。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.