パソコン

パソコンの用途・12例!

パソコンの用途

管理人のパソコン使用に関する実態によると、利用目的はつぎのようになっています。()内数値は2019年現在のある調査によるものです。
  1. ウェブサイト作成(--%)
  2. ウェブサイト閲覧(1位・70.8%)
  3. グラフィックス作成(14位・16.6%)
  4. 動画・映像作成(15位・14.8%)
  5. コミニュケーションツールの利用(5位・48.6%)
  6. 写真(4位・49.3%)
  7. 金融資産ネット管理(--%)
  8. 映像・音声コンテンツの視聴(3位・49.4%)
  9. オンライン申請(--%)
  10. 文書作成・管理(6位・46.6%)
  11. ネットショッピング(2位・59.1%)
  12. ネットバンキング(8位・35.4%)
現役世代に比べて管理人の特徴は、文書作成・管理などが低く、趣味であるウェブサイト作成、グラフィックス作成、動画・映像作成の比率が高いことです。

使用するパソコン

現役世代がパソコンを使わない理由は、「必要性がないから」、「スマートフォンやタブレットを使っているから」が断トツです。特に女性は「スマホがあればパソコンは要らない」という考えが感じられます。
一方で管理人は、「高速CPUやストレージ」、「閲覧や作業がしやすい大画面モニター」、「文字が打ちやすいキーボード」など、ハード面からパソコンを使用しています。

ソフトウエア

つぎに必要なソフトウェアはつぎのグループに分けられます。
  1. ブラウザ:使用目的のNo1〜No12のすべてに必要で、Safari・FireFox・Google Chrom・Microsoft Edge・Internet Explorerがあります。これらは常に最新バージョンを使用するようにしましょう。特に、オンライン申請ではシステム要件でバージョンを指定されることが多い。
  2. 通信アプリ:必須の通信アプリはメーラーです。Apple Mail・Gmail・Yahoo!メール・Outlook・Thunderbirdなどがあります。
  3. 文書作成アプリ:WindowはMicrosoft Office、MacintoshはPages・Numbers・Notes、クラウドアプリとしてGoogleドキュメントなどがあります。
  4. グラフィックスアプリ:管理人はAdobeの「Creative Cloud」を使っています。
  5. Adobe Creative Cloud

  6. セキュリティアプリ:カスペルスキー・ノートン・トレンドマイクロのウイルスバスター・マカフィー・ZEROスーパーなどがあります。管理人はウイルスバスター3台分でパソコン・iPad・iPhoneを保護しています。
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.