2020TOKYO

ぶらり車いすバリアフリー旅行

バリアフリーな観光地

すべての車いすで紅葉を見る

車いすで紅葉を満喫・11月初旬〜12月初旬

◎瀬戸内海国立公園の厳島・小豆島や香嵐渓では11月初旬〜12月初旬に車いすで紅葉を満喫できます。

瀬戸内海国立
公園の厳島

○宮島の紅葉は岩惣旅館のあるもみじ谷公園入口からもみじ谷公園(もみじ谷登山口~四宮神社)が最初に色づきはじめ大聖院へ向かう道から大聖院 そして大元公園へと色づきます。シーズン中はイロハモミジ・オオモミジ・ウリハダカエデやヤマモミジなど約700本が紅葉します。瀬戸内海国立公園の厳島・厳島神社はバリアフリー化が進んでおり、障害者や高齢者などのハンディに優しい神社です。高速艇に乗船して厳島神社に行きますが、高速艇発着場の乗降口にはスロープが取り付けられます。
○また、高速艇の船内は車いすでも通行できます。厳島神社の神社参道はおおむね平坦で車いすでも通行できます。厳島神社のエントランス部はスロープがあり、社殿内はおおむね平坦で車いすでも通行できます。
▽瀬戸内海国立公園の厳島付近のバリアフリーの宿は宮島コーラルホテル・蔵宿いろはなどがあります。

瀬戸内海国立
公園の小豆島

○瀬戸内海国立公園の小豆島・岡山~小豆島航路で運航中の「おりんぴあ どりーむ」は従来のフェリーより一回り大きく、段差を少なくしてエレベーターを設置するなど、バリアフリー法に基づいた快適な環境で心地よい船旅を楽しめます。
○寒霞渓は景勝地としての歴史は古く、約200万年の歴史を持つその渓谷美も紅葉の季節はとりわけきれいです。 山頂へはロープウェイで上がる(約5分)ことができます。ロープウェイを車椅子でご利用になる場合、山頂駅のみバリアフリー対応です。寒霞渓山頂展望台 には車椅子対応トイレや車椅子対応スロープがあります。
●瀬戸内海国立公園の小豆島付近のバリアフリーの宿はオリーブ温泉 小豆島グランドホテル水明・小豆島温泉 リゾートホテルオリビアン小豆島などがあります。

香嵐渓

香嵐渓(こうらんけい)は寛永11年頃に香積寺第11世住職三栄和尚が杉やもみじをお手植えされたのが始まりと言われています。その後大正末年から昭和初期には住民のボランティアで モミジが植えられました。イロハモミジ、オオモミジ、ウラゲエンコウカエデなどのモミジの本数は4,000本を超え、11月の間は21 時までライトアップされて、昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。
駐車場から香嵐渓まで歩いて5分程度です。巴橋手前から香嵐渓入口のもみじのトンネルを通って一の谷への道はアスファルトではなく土と砂利ですので、車いす走行が可能ですが注意が必要です。安心して紅葉を堪能するには、ひとが少ない時間帯を選びましょう。車いす走行可能な場所が限られ、香積寺や飯盛山に行くことができませんが、横や上をみればきれいな紅葉を見ることができます。
足助の駐車場には車いす対応トイレががあります。
アクセスは、名鉄名古屋本線東岡崎駅からバス約1時間10分・名鉄豊田線浄水駅からバス約1時間・猿投グリーンロード力石ICから約15分・東海環状道豊田勘八ICから約20分などがあります。

ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.