ハンディのちから

デジタルカメラ

決定的瞬間を捉える高連写ミラーレス一眼カメラ

「ハンディのちから」の「決定的瞬間を捉える高連写ミラーレス一眼カメラ」では、動く被写体の撮影で重要なAF性能と連写性能の内、連写性能に注目し、ミラーレス一眼カメラの連写性能について説明しています。しかし性能が上がるほど価格も高くなりますので、コストパフォーマンスの面でも良好な選択となる動く被写体に適したカメラを選びましょう。

連写機能

連写機能とはシャッターボタンを押し続けることで連続的にシャッターを切ることができる機能です。ご紹介しているミラーレス一眼カメラのシャッターの評価は、連写を必要とするシチュエーションをあなたが必要としているか、から考えましょう。
連写を必要とするシチュエーションにはつぎのような状況が考えられます。
1.とっておきの1枚を撮る自信がないので、撮影後に素晴らしい1枚をピックアップする。
2.ペットや子供のように激しく動く動体をかわいく撮るには、最低でも6コマ程度の連写が必要です。
3.幻想的な表現をしたい。 ミラーレス一眼カメラの連写は、20コマ〜3コマで、20コマ(2)・15コマ(1)・14コマ(2)・12コマ(3)・11コマ(3)・10コマ(5)などがあります。連写速度はカメラによって大きく異なり、近年発売されたカメラの平均としては5コマ/秒~8コマ/秒です。
そして連写速度は1コマ/秒違うだけでも、決定的瞬間を逃しやすくなたり、決定的瞬間をモノにしやすいメリットがあります。

動く被写体を撮る

ミラーレス一眼カメラにはシャッターボタンを押し続けることで連続的にシャッターを切ることができる「連写機能」が搭載されています。そして連写の速度はミラーレス一眼カメラによって大きく異なります。そして連写速度は1コマ/秒違うだけでも大きな差が出て、連写速度が遅いほど決定的瞬間を逃しやすくなってしまいます。逆に連写速度が速いほど、瞬間的に撮影できるコマ数が多いので、決定的瞬間を捉えやすいメリットがあります。
基本的に動く被写体の撮影ではAF性能と連写性能に注目してカメラを選ぶことになります。しかし性能が上がるほど価格も高くなりますので、コストパフォーマンスの面でも良好な選択となる動く被写体に適したカメラを選びましょう。

ご紹介中のミラーレス一眼カメラの連写

ご紹介しているミラーレス一眼カメラの連写速度を評価しています。ミラーレス一眼カメラの連写は3.0コマ/秒から20コマ/秒です。

連写・
ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラボディの価格分布
ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.