ぶらり車いすバリアフリー旅行

観光地・車いすで新緑

車いすで菊池渓谷の新緑を満喫

菊池渓谷

車いすで菊池渓谷の新緑を満喫のページでは、障害者や高齢者などのハンディに役立つ、車いすで菊池渓谷の新緑を満喫できる新緑の見ごろ・バリアフリー遊歩道・バリアフリーの宿・ルート案内情報を提供しています。
山岳を行くトレッキングコース、春から初夏の人々の暮らしが息づく里山のハイキングするコース、低い山の新緑コースなど、あなたの体力に合わせた車いすで菊池渓谷の新緑を満喫コースで新緑を楽しむシーズンであります。淡い緑色は見てるだけで元気になれます。最後に元気な木と花を見て明日からの活力に成りそうです。
阿蘇くじゅう国立公園の菊池渓谷はゆるやかな渓流沿いに、広葉樹を中心に針葉樹も含め約20種類がうっそうと茂っています。流域は浅瀬が多く、『森林浴の森百選』にも選ばれる新緑は素晴らしいです。

バリアフリー化

5月中旬〜6月上旬の菊池渓谷の新緑は見応えがあります。
菊池渓谷は菊池市の北東部17kmに位置し全長6.7Kmです。菊池川の源をなし、うっそうとした天然性広葉樹やスギの巨木とが生い繁っています。春の渓流に映える新緑は特に素晴らしく、さまざまな瀬・渕・滝が岩と調和し、「紅葉ヶ瀬」「広河原」「清水谷」といった見所スポットも沢山あります。
障がい者用駐車スペースは、渓谷入り口のゲートの中に準備されています。障害者手帳を見せて、ゲートを開けてもらいます。両岸の遊歩道は駐車場からゲートをくぐり、食事処の横を通って清掃協力金徴収所から渓谷沿いを歩き始めて40分で最終地点である広河原までです。広河原までの遊歩道整備ができましたので、車いすでもスムースに移動ができるようになりました。敷地内に車いす対応トイレもあります。
阿蘇町内牧から菊竜市、菊池渓谷を延長16.0kmで詰ぶ九州自然歩道に入ると、瀬はかなり下の方になり、今度はじっくり新緑だけを観賞することができます。 九州自然歩道はアスファルトとウッドチッピで整備され、車いすの方も気軽に散策できるようになっています。

宿泊施設

阿蘇くじゅう国立公園の菊池渓谷付近のバリアフリーの宿は菊池温泉 菊池 笹乃家・菊池渓谷温泉 岩蔵などがあります。
「菊池温泉 菊池 笹乃家」は菊池渓谷へ車で約30分、「菊池渓谷温泉 岩蔵」は菊池渓谷へ車で約15分ほどです。

熊本県のバリアフリーの宿を見る

お客様の出発点から菊池渓谷ルート案内をしています。地図左上の「その他のオプション」をクリックすると、大きな地図になります。出発地を入力し、検索ボタンをクリックすると、出発点と菊池渓谷間を、紫色の太線でルート案内します。

ハンディのちから:ハンディ生活にちから(力)になる応援情報サイト内の画像・素材を
無断で複製・転載・転用することはご遠慮ください。
Copyright(C)2005.ハンディのちからAll Right Reserved.